2018年07月31日

満洲 (2)

書き足りなかったので(2)を
満洲鉄道って名前だけでも聞いた事がるだろう。
どこ   それは乃木将軍の遼東半島の付け根
「大連」から北の大都会「ハルピン」までを結んでいる
満洲の背骨みたいな幹線だ。
主要都市が串団子みたに並んでいる
港もある「大連」日露の陸軍50万がぶつかった
奉天(今の名前「瀋陽」)吉林(省都、新京(満州国首都「
北の大都会「はるぴん」 これが背骨とあばらだ。
日本は真面目に国土計画をやった
東京大学を出た技師達が内地ではもう無かった「都市計画」を
やった。満鉄新京駅の東側に百メートル幅の道路を直径五百
のロータリーを組み合わせ、何もなかったコーリャン畑に忽然と
首都が姿を現した。
満鉄は流線型の特急アロウー号を走らせていた
内地にもない画期的試みだった。戦前版新幹線なのだ
日本人はやるきまんまんだった。
全土に小学校・中学、医科大学等  次々と造った。
敗戦でこれらすべて置いてきた。
中国人、朝鮮人はみようみまねで日本人遺産を継承した。
いまだにコピーくせがしみついている。
だから満洲はもったいない。
ついでに 満鉄の西側朝鮮まで狭い地域が朝鮮人が多く住む
延辺自治区である。ここが中国も頭の痛い「瀋陽軍管区、」
核兵器も持つという ここは朝鮮族も多く指揮系統不明。
拉致被害者もこの狭い地域に居る。


posted by 花蓮 at 09:49| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

 私が満洲、満洲ってどこ

晩年まで満州なんてしらなかった。世界中の地図を調べても満洲が載っていない。
どこ どこにあるの。 それは中国北部にかつてあったのだ。
中学の世界地図があるなら遼寧省、吉林省、黒竜江省。
の東北三省が満洲国の版図であった。
黒竜江省の向うはもうロシアだ。
関東軍というのが戦前あった。日本の関東ではない
万里の長城が東の海に落ちるところ、昔の中国の外の土地
関東、関の東、関東と言った。ここに日本は国を作った
それを満洲国。
歴史にIF(イフ)は無いと言う。 アメ公《アメリカの蔑称)が対日戦争を
しかけて来なければ、あるいは満洲国の利権の1/3でアメが手を打ってくれれば
満州の国は日本に莫大な発展をもたらしたと思う。
カリマンタンの石油より満洲である。
夜10時 中露国境の街「満洲里」(まんちゅり)へ夜行列車がハルピン駅から出る
昭和10年頃「満洲里」は人口5千、今は150万、ロシアとの内陸港ー交易の街
として発展している。内陸の事なので世界中の人は知らない。
もったいないと言ったのはこの事だ。
ノモンハン事変はこの近くだ、昭和の初めの日露軍事衝突は21世紀に脚光を浴びつつある。
わたしは5年前「満洲里」にいった。満洲里で中国の列車が終わる。そこから先はシベリア鉄道だ
一儲けをたくらむ中国商人でごったえしをしている。
ロシア人中国人、アメリカ人はいない。内陸で爆発する街
この発展の基は日本人が創った。私の中の若い血がさわいだ。
三十歳ならこの街に住んで一旗揚げたろう。
見渡す限りの平原、林立するビル。内陸の香港だ
posted by 花蓮 at 21:52| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

神の島 逆走台風

日本中のマスコミが「暑い 熱い」と合言葉のように
報道していた。稲穂国民」と呼ばれるように一斉に
同じ方向を向く。暑いと挨拶しないやつは変人扱い
にがにがしく思っていたところ、神風が吹いた
みたこともない西に進んでいく台風、
郡上八幡、熊谷、あの熱砂の街に 雨を降らす
「ざまを見ろ」 これで涼しくなる マスコミも
だまる。 台風12号 神風
posted by 花蓮 at 10:55| Comment(0) | 日記