2020年03月28日

 悲しい歌特集  (3)

チューブを見ていたら 神戸市内を走るバスがあった
バスは山を登り始めた
神戸は後は六甲前は海と言うのは知っていた
「ひよどりごえ」停まります
あれこの名知ってる
平家物語で義経が一の谷合戦で平家の背後から
坂さ落としで「ひよどりごえ」を駆け下りて 
破った故事の場所じゃないか
いまもあったのか
私は早速バス停で降りた(ネット上で)
そこは広大な芝生のある国民宿舎だった
越後の田舎者には初めて見る豪華施設
先進地域はいいなア
 〜♪〜 一の谷の戦(いくさ)敗れ
     討たれし平家の公達(きんだち)あわれ 
〜〜
https://www.youtube.com/watch?v=8UShL2FwUNM <青葉の笛>
    ↑ 文部省唱歌 青葉の笛 に飛ぶ



posted by 花蓮 at 09:56| Comment(0) | 日記

2020年03月27日

 悲しい歌 特集 (2)

大学一年の夏 私の入っていた考古学研究会は
福島県裏磐梯の五色沼で夏合宿をやった
K子は山形西高校から東京に来ていた
ある一日檜原湖で泳いだ
ところが湖の中ほどでK子が溺れそうになって
助けを求めてバタバタ叫んでいるのが見えた
一瞬迷った
次の瞬間俺は湖の中ほど目指して泳ぎ出していた
下をには杉の沈下木が見える
磐梯山が噴火したとき檜原湖に沈んだ杉林だ
その時死ぬかも知れないと思ったのを
五十年たった今でも思い出す
”K子を助けるためならしょうがない”
K子は身を任せて俺の泳ぎの邪魔をしなかった。
結局岸まで戻れて今があるわけだが
東京に帰って四年の冬 K子は荻窪の
ポン大の男と結婚した
合宿の帰りk子は山形へ
俺は新潟へ
当時 田舎高校出身には女は未知の神様みたいなもの
猪苗代の駅で左右に別れた
昭和三十九年 蒸気機関車 客車はあずき色で
最後尾はドアもなく 線路が見えた
K子は連結器の所に立って手を振る
〜♪ ベルが鳴る ベルが鳴る
  さらばと告げて 手を振る君は
  赤いランプの終列車 〜 ♪>
https://www.youtube.com/watch?v=ia8e30ONI_Y
  春日八郎 赤いランプの終列車 へ飛ぶ


此の歌と同じ光景があったのである
いま 平成になって磐越道を走って
磐梯山を眺めるとあの山の裏側 檜原湖の事を
思い出す
”あなたナニにたにたしてんの”と妻が言う
”いや 磐梯山が綺麗だとおもってさ”








posted by 花蓮 at 20:44| Comment(0) | 日記

 悲しい歌 特集 (2)



 大学一年の夏 私の入っていた考古学研究会は
福島県裏磐梯の五色沼で夏合宿をやった
K子は山形西高校から東京に来ていた
ある一日檜原湖で泳いだ
ところが湖の中ほどでK子が溺れそうになって
助けを求めてバタバタ叫んでいるのが見えた
一瞬迷った
次の瞬間俺は湖の中ほど目指して泳ぎ出していた
下をには杉の沈下木が見える
磐梯山が噴火したとき檜原湖に沈んだ杉林だ
その時死ぬかも知れないと思ったのを
五十年たった今でも思い出す
”K子を助けるためならしょうがない”
K子は身を任せて俺の泳ぎの邪魔をしなかった。
結局岸まで戻れて今があるわけだが
東京に帰って四年の冬 K子は荻窪の
ポン大の男と結婚した
合宿の帰りk子は山形へ
俺は新潟へ
当時 田舎高校出身には女は未知の神様みたいなもの
猪苗代の駅で左右に別れた
昭和三十九年 蒸気機関車 客車はあずき色で
最後尾はドアもなく 線路が見えた
K子は連結器の所に立って手を振る
〜♪ ベルが鳴る ベルが鳴る
  さらばと告げて 手を振る君は
  赤いランプの終列車 〜 ♪

https://www.youtube.com/watch?v=ia8e30ONI_Y
  春日八郎 赤いランプの終列車 へ飛ぶ


此の歌と同じ光景があったのである
いま 平成になって磐越道を走って
磐梯山を眺めるとあの山の裏側 檜原湖の事を
思い出す
”あなたナニにたにたしてんの”と妻が言う
”いや 磐梯山が綺麗だとおもってさ”































posted by 花蓮 at 10:12| Comment(0) | 日記