2017年10月03日

葛湯の思い出 葛湯の思い出

けさふと葛湯が食べたくなった。
病気になると母が作ってくれた
白い葛粉が母が掻き混ぜるうちに突然透明になる。
これが母の魔法のようで不思議だった。
けさはもうだれも葛湯を作ってくれる人もいない。
母は今年の二月に逝った
九十五の父はこん睡状態で病院に入った
葛湯ではなくて点滴で命をながらえている、
病人には葛湯なんてだれもいわない
時代が変わったのだ
私の最後は葛湯が食べたい
posted by 花蓮 at 06:31| Comment(0) | 日記

2017年09月30日

siki 四季の雨 四季の雨

「四季の雨」ものすごい名曲だ
実は小学校唱歌を聞いていたら大正時代の唱歌があった。
「四季の雨」春、夏、秋、冬の雨を歌っている。
早春賦と同じように名作詞だ
春雨、夕立、しゅう雨、氷雨。おれぞれの季節の雨を
見事に歌っている。
余りの美しさにもう 二十回も聞いてしまった。
明治の唱歌は名曲が多くて聞かれているが
「大正の」唱歌は珍しい
みなさんも一度検索して 大正の庭の風景を
あじわったらどうでしょうか。
posted by 花蓮 at 19:02| Comment(0) | 日記

2017年08月21日

訂正 大津 俊 その後



posted by 花蓮 at 08:05| Comment(0) | 日記