2019年01月25日

 武蔵野原を 帆かけ船がゆく

私は戦後22年生まれ、そのころあって今は無いものが増えてきた。
此の世のなごりに、このブログに記しておこうと思う。
次のブログには「省線(しょうせん)」という言葉。
きょうは「川舟」について
 鬼平犯科帳の朗読を聞いていたら
川越 川舟が出てきた
川越は小江戸と呼ばれ商家や倉、火の見やぐらが残り
情緒を漂わせている。
江戸から三十キロとても近く防衛拠点なので
親藩が城主に任命された。 松平信綱、老中が城主である。
荒川と並行して流れる新川岸川に江戸と結ぶ船便が開設された。
江戸時代の陸路はひどいものだった。
たとえば東海道ののような大幹線でも荷車の通行は出来なかった
米味噌塩などの重量物は「舟」で運ぶしかなかった。
昭和に入ってさえ町を出るとすぐ舗装は切れてもうもうたる砂ほこりが
窓から入って来た。
わずか三十年でもうこの記憶がみんなの頭から消えている。
当時青年だった「団塊世代」、みんなで忘れていいんだろうか
私が追っかけている四十女、彼女でさえ砂利道の記憶はない。
ことさら昔は川には船があって、私の叔父は五歳のとき
裏の川に落ちて死んだ。
もうその子の事を話す じじ、ババもすべて死んだ
川は埋め立てられてバイパスになっている
   ”もうだれも知らない”
たった戦後の話なのに
川越 船に話を戻そう
寛永十六年 江戸まで帆かけ船が走っていた
今の川より深くて広かった
浅草観音の隅田川が終点だった
墨田川は堤防もなくもっと人びとの身近にあった
明治の唱歌を聞けば判るだろう。
〜♪ 春のうららの隅田川 のぼり下りの船人が〜
 櫂のしずくも花と散る〜〜♪
武蔵野の麦畑に突然 帆が見える!!
こんな不思議な光景が百年まえまであった。

 立教応援歌
〜立教健児の精鋭が 武蔵野原を ♪〜
 明治の早稲田
〜都の西北 早稲田の  に〜
練馬の下宿の廻りには 雑木林と麦畑があった
ついこのまえである。
 昨日デイセンターで大正女がニコッと笑いかけてきた。 ぞっとした
 昨日総合病院の受付で平成女が一年ぶりに笑いかけてきた。可愛かった
 俺は昭和だ もうじき終わる だけど大正じゃない

  (終わり)
posted by 花蓮 at 06:54| Comment(0) | 日記

2019年01月19日

 八重洲 (2)

私ら世代にとって八重洲といえば「ブックセンター」でしょう
山一を辞めてから上京すると、地上から出て右へ、広場の向うに
山一の本店ビルが見えた
横断歩道を渡ってセンターに入る。今日はどんな本に出会えるだろうか
やはり田舎者の私には丸の内の洒落たレストランは気おくれする。
本屋はどんなに難しくても古女房の家だ
角の口からから入るとホッとする。
ふっと江渡時代にスリップする
和田蔵門を出て外堀をこえてしばらく行くと松林
その先は江戸湾の波がひたひたと寄せる。
左手にはには佃の埋め立て地と海苔の養殖の杭が林立する
百年後には松林には赤レンガの東京駅がもう百年ごには
砂浜の地下には世界一の「八重洲地下街」が出来ていた
本を選び終えると 地下街のはずれいつものガランとした
レストランでカレー。
後は六時の朱鷺号で雪国に帰る。八重洲の旅終わり
posted by 花蓮 at 07:20| Comment(0) | 日記

2019年01月18日

 八重洲

東京駅の八重洲口を知らない人はいないだろう。
この八重洲について書こう
卒業の昭和四十四年私は今は倒産してしまった山一證券に入社した。
同期には早稲田のUK君がいた。
彼は同期の中で弾丸スタートをきった。
彼は新人赴任地として「八重洲支店」に行った
秋ころには私の田舎支店「浜松」にも「うわさ」は流れてきた
私が新規訪問に腐って航空自衛隊浜松基地の滑走路フェンスの際
を歩いていた。
ブルーインパルスが俺の芋虫の上の空を舞っていた。
丸の内の舗道、基地雑草だらけの道、これが八重洲の思い出
家康の時代イギリスの帆船が流れ着いた
乗っていたのはウイリアムアダムス 後の三浦按針。
その江戸屋敷があったのが八重洲(=日本橋・室町)
昭和五十年ころだった思う
八重洲には山一證券本店が兜町から移っていた
”ああ俺の会社も普通の会社の仲間入りかと思った・
八重洲にそびえる{山一」の文字
今は亡き妻も「山一社員」
早稲田のUK君は丸の内の上場会社の役員のUKという名前の人
を廻り{UK会)というのを組織した。
華々しいうわさがドサまで聞こえてきた
 (続)

posted by 花蓮 at 08:59| Comment(0) | 日記