2019年04月30日

 平成最後のブログ

今朝NHKを見ていたら大きな平成年表があった。
その初めの部分に「山一證券倒産」とあった。
私がNHKの歴史にちょっとでも係わるところがあるとしたら
「山一倒産」である。
私は立教を昭和四十四年に卒業してそこに入社した。
そのころの本社はまだ「兜町」に有って株屋の雰囲気紛々。
なんだかそれが恥ずかしく電車に乗る時バッチを外した。
入社してあれよあれよという間に倒産した
B君は最後の沈没後も踏みとどまって同期の
身の振り方の世話をした。
今は一流の経済研究所にいる。
私は真っ先に逃げ出した”だらかん”である
それでも同期会にまだ呼んでくれる。
もっとも恥ずかしくて一度も出席していない。
平成の最後は田舎町のデイサービスで痴呆老人の
となりに座っておむつの尿漏れを心配している。
昨夜唯一の訪問者 中国人のK子が訪ねてきた。
いまはK子が俺の外部とのつながり
もっとも自ら好んで外部との連絡を絶ったので
とても快適
彼女が旧市街に小さな店を四月に開いた。
やはり中国人なので不動産屋、大工との交渉で
不自由する。
昨夜も高い請求が来たので相談にきた。
”ばかやろう、見積もりも取らないで発注するからだ”
エアコンのリモコンで足を叩いてやった。
痛みで分からせるやり方だ
もう怒って来ないかと思えば
百円プリンを土産に現れる
別れた妻の親友だ、 中国人は裏切るのが常だが
この二人は繋がっている。
千人に一人の珍しい関係だ
全ての関係を断った私だが最後に残ったのが
日本で身寄りのない”中国人”とわたし
  快適
デイのエリカ、リハのむつき、受付のソバージュ
ヘルパーのまお、中国人のK子こんなところが
令和に引き継ぐ女だ
   平成さようなら
posted by 花蓮 at 10:08| Comment(1) | 日記

2019年04月17日

 弘中アナの鼻が好き

テレビ番組を見ていて一目で好きになった。
アシスタントをしているが俳優ではないので名前が分らない
鼻好き」 こんなのを「鼻フェチ」というのだろうか、
CMに出ていたが検索方法が分らない。
先日階段状になったクイズ番組で座っているのを
見つけた。忘れないように頭に刻みつけるが
一時間もすると”いまなか”だったか混濁の中へ
すると昨日、”ひろなか”と出て居た。
今度はとヤフーで検索 テレビ朝日 慶応卒とある
今度はしっかり記憶に入った。
私が全盛期のときでも無理だ。
 美女という範疇にはいらないだろうが
たとえ千人の女優がいたとしても
あの鼻が心を掴んで離さない
足が不自由なって残り少ない人生
「ひろなか」を知ったとてなんになるのだ。
ただ類型のいないベビーフェイス、平成で見掛けたと
とあの世で体験談を語るまでだ。
通っているデイサービスで気に入っている
「エリカちゃん」が言った「あなたはまだ若いのよ
リハビリするなら今よ」 彼女は人の妻
歌の文句じゃないがどうにもならない
 今日はどうにもならない話題でした。 おわり
posted by 花蓮 at 10:59| Comment(0) | 日記

2019年04月05日

 県庁が無くなった

チューブで「高知城」を見た
名古屋城の復元本丸御殿も見たが、行って見たい”の気が
起きなかった。
ところが高知城は天守閣の下に御殿などの江戸時代と思われる
建物群が残っている。良く調べれば昭和の復元かもしれないが
動画を見た限りでは違う。古い物だ
高地の「はりまやばし」などは行く気が失せる代物だ。
終活に祇園会館で宮川音頭、〜♪春が来ました宮川あたり〜
を見せたい越後女が数人いる。
新潟から京都まで遠い。残りの時間がないから北陸線経由で
のんびり行く気分でない。
京都の旅のダイジェストバンだ。 昭和初期の「下谷二三子」の
祇園小唄が一番上手い 〜♪月はおぼろに東山〜”E、Mを連れて
祇園会館で見せるのだ 、習いたてのだらりの帯の舞妓の踊りで
充分なのだ
 宮川町の扇をひらひらさせる素人だましの踊りで良い
上七軒の玄人にしかワカラナイ舞などは来世にまわそう。
話を初めに戻して
坂本龍馬など彼が行った事もない本丸奥御殿それが見たい
そこに登城していた武士たちが廃藩置県で城は無用の長物と化した.
この高知城もそんな時代があったのだ
昨日あった県庁が今日は無い
毎日差していた刀がいらない そんな明治を祖先は生きぬいてきた。
さて京都から高知へ直通列車はあるのだろうか
越後の女は強いからついてきてくれるだろう。
あの薬を飲まなくちゃなるめえ。


posted by 花蓮 at 18:26| Comment(1) | 日記