2021年01月05日

 天使

魔女の宅急便の著者 角野さんは鎌倉に舞い降りた
天使だった
彼女が再び天に昇るときは 八百年鎌倉で苦しんだ
武士たち地縛霊は共に天に行くでしょう
 鎌倉は安心して住める街になる
さてコロナの馬鹿騒ぎ
こぞってゴーツウが悪いと騒いだマスコミよ
中止になって感染が収まりましたか
飲食が原因騒ぐ 小池よ
午後八時に閉店しろという
飲食が原因なのでしょうか
PCRで無理に感染歴を探してない?
無能な小池 小見を一刻も早く排除すべき
コロナは収束する
 (やぶにらみ親爺)
posted by 花蓮 at 07:10| Comment(0) | 日記

2021年01月04日

 魔女と箱根とコロナ

正月の恒例行事箱根も駒沢の優勝で終わりました
〇〇が優勝しなくてホッとした
またご本尊様のご加護だと正月中宣伝を聞くのだと
憂鬱になっていた9区 
10区に入ると駒ちゃんが三分の差をつめて
銀座で逆転
一方 鎌倉では魔女が活躍していた
鎌倉に住みたい人は多いが
霊障の多い家系の人は鎌倉の地縛霊の餌食になる
比企能員(二代将軍頼家の乳母の実家)埼玉県比企郡に
領地を持っていた幕府有力御家人。
和田義盛、三浦泰時、梶原景時、等々数えたら十指に足りない。
これらの御家人が鎌倉市内の屋敷で斬殺されたのである
一族郎党二百人以上が不意を襲われて死んだのである
また鎌倉幕府滅亡の日は東勝寺では幕府におともするとて
八百人の御家人が腹を切ったのである。
この伝統は八百年も続き大東亜戦争では何十万の兵士が
玉砕した
先日二次大戦のイタリアでドイツ軍がまだ5万の無傷の
兵隊が残っていながら米軍に降伏しているのである
これでは何十万の兵隊いても負ける、
鎌倉武士の魂おそるべし
話を元に戻そう 鎌倉の街中墓だけなのである
魔女の宅急便の作者は鎌倉生まれではない
紅い色をお好みのようである
そのいろのコートを着て由比ヶ浜まで散歩に
出かける
子どものように砂浜で古い陶器の破片を拾う
地縛霊は波動で同じ人間にくっつく
角野さんのような清明な性格には
憑りつくしまがない。
 続
posted by 花蓮 at 08:02| Comment(0) | 日記

2020年12月28日

 トランプ( トランプ(2) トランプ(2) 鎌倉物語(続)

コン コン 
昨日の夕方 ドアをノックする音がする
「開いてるよ どうぞ入って」
全然見た事がない女が入ってきた
「わたし あなたに会った事あります?」
「いえ 初めてです」
俺にも運が向いてきたな
続いて見知った女が顔を出す デイサービスの新入社員だった
二月におれの家でお見合いをする女性だ
「どうしたの 急に」
「家は地図をもらっていたので分りました」
「実はお知らせに来たんです」と
デイとは別人のように喋り出す
立て板水を流すように 〇〇学会のような宗教勧誘の
常套文句だ
いい子だと思って友人と見合いセットしたのに
どのくらい頭のニクロム線が焼けているか
観ねばなるまい
かなり焼けているが 修復不能まで行っていない
日蓮さんがいかにすばらしいか説きだした
鎌倉腰越の日蓮処刑の時の話になった
ここで話を俺の「鎌倉物語」に転換して
彼女の腰を折ってしまおう
腰越漁港から七里が浜 稲村ヶ崎 鎌倉大仏
貞観の大津波 大仏殿倒壊と俺の話は佳境に入っていく
日蓮の話は止んだ
「仏教なら空海さんの真言密教が一番効くよ」
「あれは邪教です」すかさず言う
「オンアボキャ・・・」
この女には 密教の深入りはやめよう
俺自身が霊験を知っている「観音経」にしよう
だけど止めた
まだ早い
トランプが大統領に成る日 2021年1月6日
ペンスが議長で上下両院で選挙人開票が行われる
” 日本の星 自由主義世界の★ トランプ”
デイープステートとC国共産党がこれほど米国
に根を張っているとは思わなかった
このくそ越後の田舎からいきなりネットフリックス世界である
昨日はイギリス人のM16だった〇〇さん(名前忘れた)
のフランクフルトネイビーシールズの5人の死者
の話を聞いた
これがネタ元だろう 今朝探すがみつからない
やはりド田舎か鎌倉物語に戻るのがいいのだろう
ちなみにワシントン大集会がある一月六日は74歳
私の誕生日だ めでたくもないが・・・・
 米 やっとイギリス人M16スパイの名前がわかりました。
ネットで見て下さい
これであなたも有名チユーバー
彼の名前は サイモン パークス


posted by 花蓮 at 03:46| Comment(0) | 日記