2018年10月10日

 エジプトの憑依霊は だれ

惜しい事をした。オベリスクの台座に登った女は
同行女性陣の中でほとんど喋った事の無い人だったので
それっきり追跡しなかったのである。
ツアーはその午後 ナイル川を下る1泊の船に乗った
そこで惚れっぽい私はドイツ人観光客一家に出会って
しまった。両親に娘ひとり、この娘がクリスチーネカウフマンに
そっくりな面立ち、一目で心を奪われた
デッキで砂漠を見ながら立ち話をする機会があった。
「僕は二十歳の時ドイツに行った事があるよ、その時出会った
彼女がゲルトルーデ・ツェッヒマイスターって言うんだよ」
「あら 私の名もそうよ」「え〜」
  ニコッと笑って「冗談よ」
ナイルの川面を見ながら私の心は天まで上った。
もともとドイツ人は好きだ高校時代ヒトラーのマイカンフ(我が闘争)
を読みたいと思った。ドイツ語の壁は厚く挫折
船の名前は「ナイルロマンス」
いま一度ルクソールで船に乗ったら彼女に逢えるだろうか
とにかく憑依霊のことは忘れて彼女の事で頭がいっぱい
その夜は各国の船客で仮装パーティーがあった。
フロントで衣装を貸してくれる。
彼女はアラブの女に仮装 「よし 俺も」
張り切って ブリーフ一枚になって禿げ頭と髭づらは薄ベールで隠した
ディスコの終わりころ舞台には彼女と私しか残っていない。
東京で習いたてのステップをすると彼女も同じようについて来る。
「このまま時間が続けば・・・おれもルクソールの自縛霊になってもいい」
翌日 テンデラという遺跡の街でドイツ人一家は下船していった。
波止場での後ろ姿が焼きついている。
(エジプト霊の話 終わり 尻切れとんぼ)

posted by 花蓮 at 10:36| Comment(0) | 日記

2018年10月09日

 同行女子に憑依したのはエジプト古代霊か・・

テーベ その名は甘い響き
古代エジプトの首都のである。現代はルクソールという。
瞑想ツアーはオプションでルクソールも行った
巨大な石柱が林立する、これが映画なら暗殺者が柱の陰から
現れそうだ。奥へ進むと石だらけの廃墟が現れた。
巨大なオベリスクが立っている。その四角柱のまわりにブロック塀が囲んでいた
そのオベリスクはハトシェプスト女王のもの、女王死後 弟が恨んで姉の業績を全否定
レリーフを削ったりこの記念柱オベリスクも文字を読めないようにブロック塀を巡らした。
そのブロック塀が崩れて1mくらいの箇所があった。
我がグループの彼女はそこに猿のように登ってしまった。
止める暇もない早業だった。仁王立ちになった彼女はまるで男のように演説しはじめた。
ここからは私の想像。
「聞け皆の者よ、 我が弟によって私の王朝は簒奪された わたしは二千年のあいだ
 苦しみぬいた。ここに異国の女を迎え 無念を晴らす時が来た。・・・・」
 ハトシェプスト女王が憑依したのかもしれない
 ルクソールのナイル川西岸 王家の谷の西谷にハトシェプスト女王葬祭殿という
 岩の断崖壁に美しいスロープがある遺跡である。
 ガイドブックに必ず載っている
 なぜ神殿と言わず葬祭殿というのか。訳語原語があるはず。
 この女王のオベリスクが東岸のルクソール神殿にあったブロック塀に隠されて
 いたものだ。
 だから 憑依霊をハトシェプストと類推したのである。
 女王は生前 髭をつけて男装をしていた、髭のレリーフが残って
 いる。
 別な話題
 アメリカ人霊能者 エドガーケーシー
 財団があるそうだから アメリカでは有名か?
ケーシーがピラミッドの項目のところで
石は無重力で積んだと書いている
壁画に鷲の頭で人体のホルス神が描かれている
擬人化した絵だと思ったら宜保愛子もケイシーも
鳥人類、の本当の存在を説いている。
そんなばかな”といわず
このルクソールの憑依現象
ピラミッド王の間 異次元移動施設(墓ではない)

   (つづく)





 

 





posted by 花蓮 at 09:34| Comment(0) | 日記

2018年10月07日

ピラミッドと私の霊能体験

昨日 チューブで宜保愛子のピラミッド訪問を見た。
私は十年ほど前 voice出版主催のピラミッドで
瞑想するツアーに参加した。
それは夜  ピラミッドを借り切って瞑想するのだ。
普通の三倍くらいする料金だった。
そのころは「精神世界」にのめり込んで随分無理した。
人生の最終晩年、残っているものはピラミッドの体験だけだ。
多分 宜保愛子がピラミッドで感じたと同じ体険。
一行は女性ばかり二十数人、そのなかには霊感体質の女性もいた。
照明は各自持参の海中伝統のみ、
アメリカ人トレーナーの合図で一斉に消して冥想がはじまった。
わたしは変わらず、同行女子複数の体験談{王の間」の天井が
開いて天国への階段があるのよ」60トンもの石が動いて青空が
見えた」と言った。
宜保愛子のいう「天に持ち上げられそう」と同じ
ピラミッドの建設方法。
偉大な霊能者(ドイツにその像がある)が重力を軽減して
巨石をもちあげた(王の間の天井石、重力軽減の間の石)
ナポレオンが一夜を明かし体験したのは
天井の60トンもの石が動いて空が見えた体験。
もう一つ追加
ルクソール神殿で一人が突然憑依されて オベリスクの台座に登り
ドイツ語でもない、フランス語でもない、英語でもない、ロシア語でもない
多分中東の言葉で喋りはじめた。
神殿の中心を歩けと言った。
普段は普通の女子だったのに。

posted by 花蓮 at 07:31| Comment(0) | 日記