2019年09月04日

 柿崎梅子の事

九月四日午前五時、三時半に目が覚めて
あまりもはっきりしたゆめだったのでブログに記すことにした。
ゆめのなかで私は数億の資産家、介護専用の二十五歳の社員がいる
私は病院にいた、そこに若い看護婦がいる
わたしは社員に「おいお前 彼女つくれ」
 「きみ何て名前」看護婦に聞いた
「柿崎梅子です」 
と夢の中ではっきり言った
夢にしては出来過ぎ
携帯は」
〇〇××です」これもはっきり
彼女は若い社員にメモを渡した。ここで目が覚めた
立教一年の冬 
街ではロスプリモスのラブユウ東京がはやってた頃
体育の授業で越後湯沢に行った
池袋の正門前に観光ばす
学部を越えた統合授業だったのだろう
普段は見掛けない文学部の女子がいっぱいいた
カラフルなスキーウエア―を着ている
満員だった 隣の席に髪の長い子が座った
「はじめまして経済の〇〇です」
「英文科の柿崎です」
「僕新潟です」
「あら父も新潟なのよ」 
すっかりネイティブ東京弁で彼女は言った
戦国時代、春日山の上杉謙信は柿崎氏を攻めた、
柿崎は城に籠って抵抗した。
日本海沿い柿崎町である
こんな歴史を私は知っていた
夢の戦国柿崎は新潟市の柿崎梅子とつじつまが合う、立教の柿崎麗子
今は六時 すっかり庭は明るくなっている。
<夢の第二編>
私は〇〇美香と軽井沢の追分に暮らしている
窓を開けると白煙を上げる浅間が見える
追分は小諸懐古園と軽井沢の中間だ
土地は軽井沢プリンス通ほど高くなく
250坪敷地35坪の平屋は地元の別荘専門の工務店に頼むと
五六千万するので新潟市のログハウス専門業者にたのんだら
三千万でできた
浅間を眺める広い三間九尺のウッドデッキは これだけはゆずれない
人工木にした。
あと十年しか生きないので木が腐るとこまで心配
する必要がないと思うが妻のメンテのことまで
考えてしまう。
image/_user_image_46_12_a97eec86b66593e533a683e70582b864.jpg
臨終は佐久総合病院か浅間を眺める自宅のベッドか
妻とはバイアグラを飲んで最後を振り絞ってできた
息子が「佐久長聖高校」から京大文学部に通う
芥川賞をとり三島由紀夫ばりの華麗な文章と
熊本生まれの眉毛のはっきりした祇園の舞妓と恋仲になるなんて夢・・・
 (写真・ハルピンにて。 中国にも一万人にひとり正直な女がいる)

posted by 花蓮 at 06:36| Comment(0) | 日記

2019年09月02日

 あ〜あ〜生き返った をんな 女

寄する波よ〜
先週 物凄く落ち込んでブログを書いた
今日は月曜 朝っぱらからA病院の定期検診
元気が出た
勿論血液検査の数値もいいのだが
受付のK子ちゃんがニコッと笑って「検査室まで押しましょうか」
と車いすをわざわざ押してくれたのだ
 たったそれだけのこと
これだけで私の気持ちは舞い上がって、帰宅後「高橋洋一さん」の
虎の門ニュースを見ていま夜になっても心が浮いている。
病院の帰路ナースが会計まで椅子を押してくれた。
会計が済んでkちゃんに「さよなら」を言ってこなかったと
また一人で車椅子を押して受付まで戻って
”さよならを言い忘れたと高校生のような”ことを言った
一瞬の意外ような顔をしたがすぐに直ぐに顔を崩して
「ありがとう」と言った
白髪のおじいさんとしてはこれで精一杯
なにしろK子は23才なのだ
出口の無い部屋
分っている
”またあなたやってるのね”
死んだ妻が言ってる
あと十年待ってくれと妻に今朝言った
猫じゃらしのような眉
初めて会ったのは去年の今頃
その時も玄関までおしてくれた
まさか一年もつづくなんて思わないから
当時雑誌に載っていた新潟芸者A子の話をした
と思う。
A子にお座敷で会ったのさ、共通話題は中学が同じ
だった事だよ なんて話をしたと思う
ソバージュ髪と猫じゃらし眉
あの世の妻よ 俺がまだ生きるんだったら許しておくれ〜
 お〜お〜ソバージュ 今は零時三十分君は寝ているか起きてるか
 若いから音楽きいてるな
 ちょっと太目のウエスト短めの足
 でもそこがいいんだ
 おやすみ 老人は眠くなった ぐ^〜


posted by 花蓮 at 19:42| Comment(0) | 日記

2019年08月28日

 そして だれもいなくなった

昨日デイサービスに行った
電気カミソリで髭を剃る
すると一分もしないうちに止まった、電池が無くなったのだ
担当のE子に言った「充電してくれる」「だめ 家で充電してきなさいよ」
「一円もかからないのに させてくれよ」
「だめ 」さっさとかずけてしまった
顔にはマダラの髭がのこったまま
でもホントは愛情が欲しかったのだ
その全国規模のケアハウスの内規では私的な充電が禁止されているらしいことは知っていた
でも彼女には隠れてサービスをしていた
{ええ いいわ}と密かに充電してくれると思っていた
そのケアハウスがくれたカレンダーに入所者の俳句が
印刷されている
”さざなみのように さびしさ押し寄せる” (志木・〇〇子さん)
埼玉県のホームでは みぶるいするようなさびしさを感じている
老婆がいるのだ。
また昨日 ケアマネから電話
「月曜病院に診察行くとき福祉タクシーの運転手に
帰りも利用するから荷物預かってくれる?と聞いた
人の良さそうな運転手は ああいいですよ と言った
やさしそうなのでここ数回利用している
ところがケアマネが電話で言った
荷物預かり料五百円追加だそうです」
笑顔の下で貪欲の炎がチョロチョロ燃えていたのだ
さみしい
病院のむつきちゃんから久々の電話
「水曜日 足の調子見に行くね」
トリモチのような甘くねばっこい声で言う
女は甘い方がいい
でも むつきは仕事で言ってるんだ
近づいたらまたやけどする もう老人は
二度と本当の甘い声きたいしてはいけないのだ
 〜寄する波よ 〜

image/_user_image_40_08_872a38db2d6c8a1757285249a4a2b6b7.jpg
posted by 花蓮 at 08:39| Comment(0) | 日記