2014年08月09日

中国人には出来ない

Yjimage1_2

     <万代橋 民用流し>

昨日の晩 新潟祭りの民謡流しがあった。

小雨がぱらつく中、新潟駅から

川幅三百メートルの万代橋を

またいで?華街までの5キロに

亘って一万5千人が踊るのだ。

市内の百五十社の従業員が

会社単位で練習する。

妻はこれを見て喜ぶ

中国には無いからだ。

市営国際交流学校の連中も

参加している。

妻は仲間を見つけて 手を振っている

「詐欺グループの女達」は参加していない。

やはりこんな快活な事は苦手なのだろう。

根性の良い連中ばかりだ

彼女達は偽借金証文などとは

無縁な仲間だ。

今年も踊る場所は万代橋の上だ

実行委員会が定位置を割り振るのだろう。

数年前までは馬鹿にして、家でテレビを

見ていたが、若者に引きずられて見物に

来るようになった。

今晩は同じ川岸で花火が上がる。

近所の中國人夫婦の母と息子が

今年は親族訪問で来ている。

一緒にお弁当とビールだ。

ハルピンの松花江の夏も賑やかだが

一万五千人が稲穂がなびく様に

一斉に踊るのは、日本人特有なのだ。

これが民度というものだ。

西欧や中国とは違う

ガラパゴス文化なのだ。

妻もガラパゴス人になっている。

一方今夜も詐欺グループは<ナス>や

<スイカ>を盗んでいるだろう。

posted by 花蓮 at 11:51 | TrackBack(0) | 日中テレビ感想

2014年03月20日

田舎オヤジのたわごと

どうも 田舎オヤジの極小情報でも正解のようである。

このところクリミヤ情勢で日本の株式相場も乱気流

田舎オヤジの言った通り

クリミヤはロシアに音も無く併合になった。

オバマの政治音痴振りがますます露呈した

今日のニュースでは、オバマのカアチャンが1週間も

中国を旅行しているそうだ。

どうもオバマは鳩山に似ている。

中国に遠慮して1歩さがれば、中国は1歩進む

アメリカもギャングだが、

米国司法省とトヨタ 1300億で和解

これギャング以外の何ものでもない

もっと中国はギャングなのを知らないらしい。

この分ではアメリカの弱腰を見て

中国は尖閣を強奪する日も遠くない

中国は日米安保の対象外とオバマは言ったそうだ

これで「クネ音痴オバサン」と無理やり会談させられて

も実効は全く無い。

オバンがあっち向いているからである。

音痴オバマは当てにならない、米国はオバマ鳩に

連れられてどこへ行く。 人の国ながら困った大統領である。

プーチンに追加制裁を阿部は加えるそうだ。

米国に遠慮している。

プーチンを助けなさい

東シナ海は軍事援助無しと割り切って

死に者狂いで尖閣を護る決意で道が開ける、

尖閣戦いを1ヶ月持ちこたえれば米国共和党の

が助けてくれるかも。

とにかくオバマ鳩は危ない。

鳩は狂っている。

ウクライナのように弱い国は、だれも彼の国の為に

血を流しはしない。

もし共和党もオバマ鳩になれば

核武装しか 日本を守る手はない

やはり田母神さんの言う事が国際常識なのだ

米国はこの匂いをかぎとって、プルトニュームの返還

を迫っている。

俺おれ詐欺にひっかかる優しい日本国民さん

中東諸国では、詐欺電話が返って詐欺にかかるだろう。

posted by 花蓮 at 10:12 | TrackBack(0) | 日中テレビ感想

2013年02月27日

福沢諭吉「脱亜論」とビブリア古書堂(2)

001  
    <メディワークス文庫パンフ>

51iyyeumxl_bo2204203200_pisitbstick

本当は福沢諭吉の「脱亜論」にそれるつもりはなかった。

ビブリアもそんなに面白くない。

ただメディアワークス出版の宣伝が上手く

その広告に引き込まれるからだ。

今もそのパンフを眺めていると

買いたくなる。 それと相まってアマゾンの威力だ。

ビブリア一冊買ってその他の本を見ていると

関連本を探してメールを送ってくる.

山本八重・会津藩を検索していると

「新撰組顛末記」永倉新八が出てきた。

あまり新撰組には興味が無かったけどこの名は知っていた。

真剣のプロだ

江戸時代二百六十年を通じて永倉ほど真剣で

切り結んだ人はいないのではないだろうか。

太平の世では刀を抜いたら最後、切腹を覚悟しなければ

ならなかった。

永倉は切って切って切りまくって明治まで生き残った。

そんな人の回顧録を読んで見たかった。

書店では絶対買わない、アマゾンの勝利だ。

メディワークスなど日本の可愛い系の出版社は

箱庭・盆栽の世界に似ている。

小さな鶴が居て亀がいる

極小のけや木の林があって自分だけの武蔵野がある。

日本人独特の繊細な感性だ。

ビブリアに出てくる 藤沢市大鋸(おおぎり)は

私が見ず知らずの藤沢に降り立って

最初に店を作った丘の谷(やと)を隔てた向うにある。

普通は鋸(のこ)と読むのだろうが、

私の実家は金物屋で子供の頃からこの漢字は

見ていた。

国道1号が遊行寺から登りになったあたりである。

あと道一本で鎌倉市と横浜市に接している。

いずれの丘からも富士の頭が見えてハッとする。

これは私が文化はつる新潟県だから感じる

景色だからだろうか。

ビブリアの中で辻堂の同業者の店舗に行く場面があった。

ああ あそこか

狭いどこにでもあるロータリーである。

「辻堂」の名前に惹かれてたずねた。

馴染みにしたい喫茶店があるかと

期待していったのだが

それは小説の世界。

パンフには「有川浩」のシアター!の宣伝が載っている

私の心をとらえた小説「阪急電車」

宝塚 北鎌倉と同じように行ってみたい。

妻にとっては日本はどこでも異邦人。

越後でも佐渡でも宝塚でも北鎌倉でも

何処に住んでもいいのだ。

わたしも年金暮らし、

最晩年は宝塚がいいか。

妻はハルピンに行こうという。

だれとも喋らない

部屋から一歩も出ないハルピンの冬

日本も同じだ、

帝国の行く末は若者の手に

案外気に入っているこの境遇。

あたまが遊ぶブログの世界。

posted by 花蓮 at 07:35 | TrackBack(0) | 日中テレビ感想