2014年09月12日

ユナイテッド キングダムとトイレの神様

英国旗さかさまの真実-吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新 ...

「水に流す」

これは日本人だけの特性である。

日本人だけの常識だ

これを感じさせる出来事が世界で起こっている。

イングランド、英国、そして連合王国

ユナイテッドキングダムというのが本当の呼び方だ

英国旗の  十字架にバッテンの模様は

イングランド、スコットランド、アイルランド三枚の国旗

を重ねたものだと高校で習った。

今から思えば先生は博識だったと思う。

<<バッテン周りの<白>幅が左右均等でないでしょ

本来別物で重ねたから>>

先生が言った。

いまでも英国旗を見る度に

先生を思い出す。

それから一度もこの知識を聞いた事がない。

むかし、スコットランドのメリー女王がイングランドの

エリザベスの敗れてロンドン塔に幽閉されている

映画を見た事がある。

スコットランド地方が<独立>の可能性を

帯びてきたというニュースがネットを賑わしている。

そんな四百年も前の事を持ち出して

あの英国が分裂するの?

英国の北半分である。

日本ともドイツとも戦った英国が消滅する。

日本人なら<水に流して>と言うに違いない

ところが

大陸人はねちっこいのだ

気をつけねばならない

南京事件・慰安婦・紀元前のユダヤがパレスチナに

国家を・

原爆なんかを落としたら1万年くらい恨まれる。

<水に流すは稀有な国民性>なのだ!!

ユナイテッド キングダム 連合王国が消えよう

としている。 

四百年前の恨みで

/

実は日本も 一つでは無いのだ

明治が始まったころ

天理教、大本教、黒住教の教祖に

同じ神が懸って来た。

それを艮の金神(うしとらのこんしん)という

どうも縄文の神らしい

そして天皇家はそれを艮(うしとら・東北)の

方に閉じ込めた。

いわゆる 便所の方向である暗くじめじめした

祟りの方向である。

http://www.youtube.com/watch?v=FICOU3b04-Q

(↑ トイレの神様 植村花菜 の歌)

植村花菜のトイレの神様は

「艮の金神」を歌ったもの

<トイレには「それはそれは 綺麗な女神様がいるんやで>

艮の金神が「元の神が世に出るぞよ」と出口王仁三郎

(おにさぶろう)に憑依して言った。

京都府綾部にあった大本教本部は

特高警察によってダイナマイトで跡形も無く

破壊された。

特高はなぜそこまでしたか

万世一系でないという思想は

共産党より都合が悪かったからである。

弥生系の天皇より古い

土着系、アイヌ系の民族

富士山麓に

ウガヤフキアエズ朝73代があったと言う。

朝廷から見て<まつろわぬ民>

サンカ、原始部落民、が居たのである。

民俗学の柳田國男は皇室問題に

ぶち当たって方向転換したのである。

私も縄文の子孫ではないかと

取りつかれた。共産党以上に

あんち皇室なった。

でも 日本の伝統 「水に流す」に

従って考えを変えた。

梅原猛さんは長岡市政八十周年記念

講演で言われた。

「縄魂弥才」で生きるのが日本のみち

と。

縄魂弥才=縄文人の自然を愛する心と

弥生人の目先に適応する能力)

かくして日本は分裂しない!!

日本人が世界で一番優しいのは

艮の金神 縄文の神様のせい

万物は神 石ころにも神を見る

八百万の神

なんにでも 手を合わせるのは

日本人の特性

私は山本五十六元帥の色紙のコピーを

もっている

そこには「神大孝」と三文字書いてある。

神武天皇が大和で賊を平定した故事

を書いた日本書記から取った言葉らしい。

全て元帥に従うが、

縄文人が賊になる 日本書記は

心が納得いかない。

ごめんなさい 元帥閣下

posted by 花蓮 at 20:19 | TrackBack(0) | 浮き草

2014年06月18日

ナイルに咲くバラ 11

Tutan1

昼近くなって、暑い日差しが真上から落ちてきた

ゲルトルーデちゃんはひさしの大きな帽子

後ろ姿はあらゆる想像をかきたてる

俺は一緒に遺跡見物をしている

両親がじゃまだ

彼女は時々振り返って、気を使ってくれる

ドイツ人グループに一人東洋人が

混じった意味を理解しているようだ。

有名なツタンカーメン王の墓を見る事になった。

私の入場料はドイツのツアーには含まれていない。

ドイツ人に紛れて入ろうとしたら止められた。

やっぱり東洋人か

ツタンカーメン王の墓の入口は通路の平面に

開いている。

そして発見当時はゴミ捨て場だった。

ラムセス王などのこれの何倍もある墓は

岩壁に開いている。

此のため早くから盗掘に遭っている。

歩く地面の下に入口があったのは

古代盗人も意外だったのだろう

二千年盗掘を免れた。

彼女も興味深々のようだ、

私は彼女半分、ツタンカ−メン半分

片目は彼女を追う

黄金マスクや、黄金の棺覆いは

カイロ博物館にある。

少年王のミイラだけここにある。

「ミイラの後頭部に殴られた痕があるんだって」

「・・ 何でも知ってるのね」

「地球の反対側の東洋人だって 知ってるんだよ」

彼女は笑った。

ツタンカーメンの死因には興味あったし

発見者のハワード・カーターが部屋に入った時

王の17歳の妻がそっと置いた花が

そのまま炭化して棺の上にあったそうだ

夫婦の情愛を感じて涙がでる。

「妻の王女の花が胸の上にあったんだって」

彼女に説明してあげた。

多分エジプト人のドイツ語ガイドでは

説明しなかったのだろう。

興味深く聞いていた

僕が死んだら、バラを置いておくれ

軽いジョーク

青い瞳がニッコリ微笑んだ。

     (つづく)

posted by 花蓮 at 07:44 | TrackBack(0) | 浮き草

2014年06月04日

箸墓幻想 2

Sany0255_3

<小夜が待っていた転害門・袖塀が「なで肩」なのが美しい>

奈良盆地を旅して 方角に迷ったら山を見るがいい

二上山の麓には當麻町、葛城山の麓には御所市、

三輪山の麓には桜井市、そして畝傍山の山麓には橿原市

がある。 (幻想引用)

この「箸墓幻想」は 他の浅見シリーズとは文体が違う

缶珈琲とネルドリップで入れた珈琲くらいの違いがある。

桜井市のホノケ山古墳で「画文帯神獣鏡」が出た

これが卑弥呼の鏡ではないかと騒がれた。

近くのマキムク遺跡では 卑弥呼の宮殿らしき物が

発掘されている。

これらの事実を下敷きにしてやはり近所の

前方後円墳の「箸墓」を卑弥呼の墓として

物語は進む。

ここらへんの展開が事実とあいまって

ぐいぐいと引き込んでいく。

橿原考古学研究所の描写も立教の

研究室で縄文土器を石膏で復元作業を

したのを思い出す

数年前のGW、 三十年振りに奈良に行った

妻はハルピンに帰省中とて

私一人だった。

桜井市の箸墓付近まで踏み込まなかった。

<奈良奥まで行く心の準備ができなかった>

だから観光客が溢れる東大寺のみ

実は「東大寺の江戸建築」は見たく無かったのだ

鎌倉建築の南大門、奈良期の転害門は見た。

大仏殿は二度焼けた

最初は平重衡が源平時代に焼いた

今の1.5倍の規模があった

それが美しいのである、今のは小屋掛けのように

品が無い。 (これは江戸期とて 止むを得ない)

奈良期の大仏殿を心の中で想像して、楽しんできた。

西の境界にある<転害門(てがいもん)>創建当時の唯一残った門だ。

岩井三四ニ(みよじ)の描写に 転害門にやぐらを組んで

転害門の前の道で盾も並べて

平重衡の軍を迎え撃った。

と言う記述があった

(その時はまだ 創建当時の大仏があった

 数時間後 大仏が焼失する)

安土城が焼ける、大阪城が焼ける

私にとってそんな出来事ではない

この場面は平成の今 胸が痛む

岩井三四ニの小説 「南大門の墨壺」

消失と再建の物語である。

私は大仏殿の左へそれて行った

戒壇院の方だ

転害門がある

 

ここは唐招提寺方面から来る佐保路が突き当たる所だった>

京から攻めて来た平重衡の軍と戦った場所でもある。

南大門を建てた大工の娘 ”小夜”が待っていた場所でもある

そこに居た可愛い高校生に

心で呼びかけた <小夜!>

同じ場所だ

箸墓幻想があらぬ方向に行ってしまった。

    (終わり)

posted by 花蓮 at 10:34 | TrackBack(0) | 浮き草