2014年08月31日

時代は若者の手に

妻の弟がハルピンから帰ってきた

妻の可愛い弟だから、私も大事にしよう

この見ず知らずの日本で

私が死んだ後、二人で力を合わせ生きて

いかねばならない。

もっとも日本人だからとて

他人に囲まれて生きていかなければ

ならないのは同じだけど。

新潟の五目ラーメンは何処よりも美味しい

妻は上海飯店が大好きだ

入口に「歓迎光臨」と書いてある

これをハルピンで聞くと

<ファインモーニング>と聞こえる

ああ!おはよう御座いますと言ってるんだ

とハルピンで妻に言ったら

「何聞き違えてるの」

「いらっしゃいませだよ」

弟は拙いも美味しいも言わず

もくもくと食べている。

妻の知人の母も親族訪問で同じ

飛行機に乗ってきた。

一緒に五目ラーメン

真っ黒な肌に真新しいブラウス

薔薇の花が両肘のところに付いている

40年前、越後の農民が一張羅を着て

東京へ行く急行佐渡に乗っていた

過去を思い出した。

昨日は”特”優秀な20歳中国人若者が

やって来た。

「あなたの親戚の中國人なら会いたい」

というのだ。

私も前途有望な若者を弟に紹介した。

彼は声を潜めて「共産党はもうだめです」

と言った。次の時代を見つめているのか。

朝日新聞が言う反日とは大違いだ

庶民の賢い連中は50年先を行く。

日教組が京城の慰安婦記念館を

見学するツアーに行ったそうだ。

”盲目状態”の頭だ。

本家の中國の開明な若者は

だまされ無いと言うのに。

若者は言った

「社長、 国際結婚の新しいビジネスモデル

を発見しました。一緒にやりませんか」

これが20歳の言う言葉か!!

「へ〜〜 それはどんなモデルだね」

若者の提案に引き込まれた

ひょっとして 若さは時代の流れを

掴んでいるのかも知れない。

パククネ・キンペイの

七十年前の恨みばかりの外交

時代は平成生まれの若者の手に・・

posted by 花蓮 at 08:44 | TrackBack(0) | 考えること

2014年07月24日

変態男と金

チョットお休みを頂いた

今朝メールBOXを見ると浅田次郎のお勧めがある。

「天国までの百マイル」とある

読者感想を見ると 浅田特有の”泣かせ”で

分っているけど泣いたと書いてある。

図書館から借りた翻訳物がなかなか進まないで

てこずっているのに、アマゾンで買ってしまった。

もっとも1円送料250円で大した事ない。

いまGUに寄ってまた レジの娘をからかって来た

「俺 道で倒れたたら パンツから靴下シャツまで

中国製で中国人の行き倒れだ」

「私だってそうですよ」

かの女は乳房の無い胸のシャツを

つまみ上げる。

しまった! からかう相手を間違えた!!

升添知事がちょろちょろ北京やソウル(京城)

へ行って余分な事をしている。

せっかく「クネ」の狂気の沙汰が世界にバレテ

だれも相手にしなくなったのに

ソウルに行っている。

猪瀬が5千万に目がくらまなければ・・

田舎でだれも相手にされない

「おじい」がレジの娘を相手に喋っているのは

害がない。

倉敷の変態男は阪大大学院だそうな

成人女性が怖くて、女児なら優位に立てる

と思った、典型的コンプレックスだ。

こんな奴が国際結婚にも混じっている。

詳しい情報は書くまい。

一千万を防音ルームに使ったという

私がリフォーム業者なら

揉み手で百回くらい

頭を下げているだろう。

posted by 花蓮 at 12:40 | TrackBack(0) | 考えること

2014年06月26日

光宗薫ってだれですか?

Dscf0553

昨日 YOUTUBE を見ていたら

サンスターの宣伝CMが大きく写っていた。

今朝はもう無い

光宗薫とあった。

元AKBだそうな、

こんな魅力的な娘がいたのか

特別な美人ではないが、何故か

惹きつけられて止まない。

昨日は何度も見てしまった。

「待っていたの」

なんて画面で言っている。

思わず胸が高鳴る、俺はアホだ。

昔の人は良く言ったものだ

<目は口ほどに物を言い>

若い瞳は黒く耀く

母を見ると 白濁している

歳を取るとは こう言う事か

もう一人惹きつける女優がいる

何処かのCMに出ている

検索すると「本田翼」という

「翼」も「薫」も特上の「鼻」と言えないが

それを補って余りあるのが

<瞳>である。

ここが惹きつけるのだ

鼻も瞳も特上なのが「能年玲奈」だろう

一方 思わず目を閉じてしまうのが

杏だ、

<鼻観察師>の私は

毎日NHKで見るのが苦しかった

あのに「わとりの口ばし」のような鼻だ

瞳も美しくない

吉高由里子も 惹かない

寝ている妻の鼻に指を入れる

びっくりして起き上がる妻に

「何してるの」と叩かれる。

また寝る妻の鼻を眺めるのだ。

能年玲奈

光宗薫

本田翼

我妻

見ていて飽きない 女・女・女

そして じじい  価値もない

衰えないのは 筆の力のみ・・

posted by 花蓮 at 06:19 | TrackBack(0) | 考えること