2018年01月24日

だらりの帯よ 2

長野では火山が噴火した。
新潟は大雪
朝鮮はガタガタ
地球は忙しいが私は小説の事で頭がいっぱい。
チューブをみていたら京都島原散歩をやっていた
遊郭の跡が残っていて「輪違屋」という当時有名な
遊郭が写っていた。
一年まえブックオフで浅田次郎の「輪違屋糸里」という小説
をかった。
面白くなくてほってあったのを、だらりの帯」を書くに当たって
参考資料にひっぱりだした。
参考になるかどうかわからないが上下二巻読み始めた。
不思議なもので京都大学を舞台にした映画を昨日見た。
おもしろくなくて中止したが、そのなかで大文字焼の場面が
あった、時代設定が昭和16年だが25年ごろにして
自由な学生生活もかきたい気もしてきた
30年代  私は京都にいて大文字を見た
恋人が欲しいと鴨川で思った。
その後 結婚した妻は大文字の送り火のように
他界へ行った。
「だらりの帯」は自伝小説の枠を越えられるだろうか
完全創作の世界に踏み出したい。
posted by 花蓮 at 14:26| Comment(0) | 日記

2017年11月25日

祇園甲部

どういう訳か京都散策のチューブばかりが出て来る
これは関連ずけたものが出る仕組みなろうか。
もうひと月も離れられない。京都大学を見て見よう
もう年齢はどうしようもない。
生まれかわったら京都大学に入ろう
文学部なら合格するかもしれない、いやこんど生まれ変わったら
数学得意で医学部かもしれない。
だけど小説の才能が「失われていたらいやだな。
祇園甲部の沙月さんも年取っていないかもしれない
あたらしい沙月さんが生まれているだろう。
京大の裏の吉田山に二人で登るンだ。
posted by 花蓮 at 12:22| Comment(0) | 日記

2017年11月24日

だらりの帯よ

次期の小説 鎌倉物語から五年 やっと書くきになった、
タイトルは「だらりの帯よ」
粗筋ができた。 越後の水のみ百姓の娘が京の舞妓に
売られていく、 明治期に設定したが描写がむずかしいので
昭和に移した。 相手は大地主の息子 京都大学の文学部学生
京大をもう少し調べて学生らしい描写を増やして厚みをつけよう
と思っている。
posted by 花蓮 at 21:15| Comment(0) | 日記