2020年01月07日

 ビブリア古書堂 箱根駅伝

今年ももう七日 もはや夏に目がけて一直線
時は戻せない
また青山学院が優勝してしまった
佐久長聖はどこかで走ったのだろうか
新しいケアハウスでひな人形みたいに髪を
切りそろえた可愛いこを見つけた
試しに釣り糸を投げてみたら
おもいもかけず強い引き
こんな綺麗な子なのにどうしてだろう
前のケアハウスで失敗しているので
直ぐには引かない
横顔を観察する
性格は明るく屈託がない
育った環境に瑕疵が無かったのだろう
損保のA子B子よりも一点の傷も無い
日本は広いものだ 広島にも松山にも
女はいる
しかし徳川将軍でも女全員の性格調査は出来ない
ましてや 現代 神が与えたもうた偶然の機会を
おし頂くより他はない
彼女は新潟市の縁の田んぼの中の中学
”わたし新潟から出たこともない”
昨日雪が降りそうな空を見上げて言った
ビブリア古書堂に出て来る「栞子」さんみたいに
難しく屈折していない
これぞ理想の越後の女だ
越後の女には青学になんの感想もない
それでいいのだ
箱根小涌園のかーブ といっても
ああ^あそこだ という胸の痛みもない
強羅の家族風呂で茂みとカモシカの様に伸びた
足を見る
 もはや七里ヶ浜のホームで鎌倉女学園の子を
探す必要もない
越後女の高い鼻 まるで鎌倉のようだ
強羅の湯けむりの中で横顔を見つめた

(ビブリア古書堂 箱根駅伝 おわり) 
posted by 花蓮 at 08:11| Comment(0) | 日記

2019年12月28日

ビブリア古書堂 (追記) ビブリア古書堂 (追記) ビブリア古書堂(追記)

鎌倉に住んだ越後人がもう一人いる。長岡市の人。
戊辰戦争とき徳川に忠義を尽くし賊軍の汚名を
着せられ、山本家は牧野長岡藩の家老の家系。

鎌倉に住んだのは連合艦隊司令長官山本五十六である。
そこは朝比奈インターの山に源を発する「滑川」、
とはいっても鎌倉市内をちょちょろ流れる小川で
山本は海軍次官のときそのほとりりに土地を買って
家を建てた。
われわれ越後人は鎌倉に憧れをもっている
山本は横須賀線に乗って霞が関の海軍省に通ったのだろう
鎌倉の次は北鎌倉、左側にビブリア古書堂がみえる
栞子さんが店の前を掃いている。

(ビブリア 箱根駅伝追追追記)hosi  ★ 12月31日

越後の田舎者が湘南に住んで居た事があった
サーフショップが建ち並ぶ江の島
田圃しかない新潟から転居してきた
海風が強く吹いた翌日の朝
窓が開かない サッシの溝の砂が溜まっていたのだ。
〜♪砂交じりの茅ヶ崎 おれの家も近い〜〜
桑田の歌が聞こえてきた
田舎のくそじじいが湘南ボーイの仲間入りをした気がした
稲村ヶ崎の切通を江の島側に曲がったところに
メインというレストランがある
十年ほどまえそこのメニューに「まぐろのカマステーキ」という
のがあった。
ニ三年まえに寄ったがもうなかった
江の島が見える窓辺に座りそのステーキを食べ珈琲のむ
だれひとり友人もいない湘南の唯一の憩いの時間だった。
田圃しか見た事がない越後人の妻を見つけたら
鎌倉の大仏殿が貞観地震の津波で倒壊した話をしてあげよう・
中国人の妻は海を見た事が無かったので
稲村の岩場で波にキャッキャツと声をあげて喜んだ。
この国道を茅ヶ崎方面にはしると
横浜から来る国道1号にぶつかる
ここが箱根駅伝で逆転が起きる浜須賀交差点である

ここから先 松の坊砂林が続き烏帽子岩も見え
箱根駅伝の見せ場の一つ
〜 ♪ 走る走る 〜〜
希望の轍 の道である
モーテル アンデルセンの看板が松林の中に見えてくる
箱根駅伝もまだ結論が見えてこず 
面白い往路3、4区が続く
(ビブリアあと一回追記かきます)
image/_user_image_6d_15_dbcf95081c432b5acd7f589aac0c74e5.jpg




 

posted by 花蓮 at 10:12| Comment(0) | 日記

2019年12月24日

ビブリア古書堂の事件簿 

久々に書棚から引っ張り出した
三上延のビブリアである。
船戸与一の重厚な小説がさすがに重荷になっていたので
一休みである。
(4)卷からひらいたが全くストーリーが残っていない。
しかしその舞台説明にのめり込んで調べたので
はっきり覚えている。
ビブリアがあるのは北鎌倉駅裏だ
円覚寺の踏切を大船街道に出る
街道に沿って二十メートルほど鶴岡八幡のほうに戻る
実際にはコブクロトンネルがあって通行量が激しく
とても店舗を開く余地もないところである。
でも小説の中だけなので訪ねる読者もいないだろう。
主人公は篠川栞子さんテレビではZOZOと別れた女優が
演じていた。
古書の交換所があるなんて初めて知った、
主人公は漫画本の知識から太宰の初版本の値段まで
知って居なくては経営者はつとまらない。
定年退職ごに店を開こうと思ったがとても無理だ
鎌倉と言うのは何故か人を引き付ける
ビブリア古書堂のある場所は幕府滅亡の時
激戦のあった場所
トンネルを抜けるとすぐ鶴岡八幡宮の横へでる
だから新田義貞軍はここに襲い掛かった
トンネルが出来る前はコブクロの切通といって
狭い道だった。
鎌倉幕府軍は良く戦い七日間も守った
だからあきらめて稲村ケ崎の海岸に廻ったのだ
こんな悲しい歴史があるなんて
作者の三上延さんも主人公の栞子さんも知らない
だろう。
ビブリア古書堂を四巻まで買ったのは
鎌倉のマフラーを巻いて鎌倉を抱きしめたかったからだ。
何も知らない越後の女には一から説明しなければなるまい。
できたら鎌倉女学園を出た女のこが妻になってくれればいい
越後で諦めた人世 〜 雪降る空と暖かい心の をんな
posted by 花蓮 at 00:19| Comment(0) | 日記