2020年05月31日

 秘聞抄「信長越前朝倉を滅ぼした、だが息子愛王丸は新潟に逃げて来た」

だから朝倉子孫は明治まで生き残ったのだ
”知らなかったでしょう”(新潟郷土史)
posted by 花蓮 at 15:33| Comment(1) | 日記

2020年04月29日

 悲しい歌 (13) 鎌倉物語


〜♪ 鎌倉よ なぜ 虹を遠ざける〜
〜日景茶屋 では 声をひそめてた♫
むかしむかし 鎌倉に住んでたことがあった
田舎者が由比ヶ浜から材木座を抜けて
逗子へ出た
ひょっと海側を見ると{日影茶屋}の看板が飛び込んで来た
上京するまえにサザンのCDをさんざん聞いて来たので
{日影茶屋}の意味は知っていた。
原由子の鎌倉物語である
新潟の田舎で聞いた時は浜茶屋みたいなチャチナな物を
想像していた。
ところが立派な料亭である
〜日影茶屋では声をひそめてた〜♪
この歌詞の意味がやっと分かった
浜茶屋みたいな雑然としたところでなく
高級料亭である、これでは声をひそめねばなるまい
死ぬ前に鎌倉へ行く事があったら
娘のような妻と声をひそめて語りあいたい。

https://www.youtube.com/watch?v=fBSIpt2VvHM
 原由子 鎌倉物語 ↑
posted by 花蓮 at 18:11| Comment(0) | 日記

2020年04月25日

 悲しい歌 上海ジャズバー

https://www.youtube.com/watch?v=QloePtb22co
    和平飯店ジャズバー 雰囲気見てね ↑
後で考えるとあの時が人生で一番ピークかなと思う
見合いの彼女が向うから歩いてくる
広い大理石のフロアー
カツ カツ カツ 靴音
上海バスキングのような光景だ
昨日まで越後に居た田舎者が
いや二十歳の頃 ブランデンブルグ門に立ってたんだ
ドイツ分断の塀を見た俺だ
いま 
三食団子のようなバストもウエストも無い
ヘルパーにも相手にされない俺
大理石のフロアーでは
古関裕而のスポーツ行進曲は鳴らなかった
まだ選り好みをしていたのだ
失敗瞬間 人生の
昨晩チューブの「和平飯店第九集」を観た
戦前の日本憲兵隊と国民党軍の女の戦いが
和平飯店で繰り広げられる
全編中国語で想像力で見終わった
俺の人生 まあ〜好き放題やったかな
バチが当たって今朝は三日経った食パンを
お湯を掛けて食った
image/_user_image_72_b5_d3a8dcbfaf32031da84b96e66187d59f.jpg

上海女の代り ウオ― 愛 にー



posted by 花蓮 at 08:06| Comment(0) | 日記