2020年04月10日

 悲しい歌 (10)アルトハイデルベルグ岩波文庫

アルトハイデルベルグ 大正元年に初めて翻訳
されて松井須磨子によって上演された戯曲だ。
初演は1900年ベルリン、大成功を収めた
日本も満員、当時の青年はみんな涙した
ドイツブームが起きたのである
昭和の青年 わたしもかすかに知っていた
幕末頃のハイデルベルグ
古都の大学では学生が団体を作り
時には剣で決闘もしばしばあった時代
主人公はある乙女を愛した
アルトとは古い」と言う意味
アルト京都とは「古都」と訳すのが適切
アルト ハイデルベルグは古いハイデルベルグの街
というような意味
だから私はライン河の支流ネッカー川に掛かる石橋の上から
丘のハイデルベルグ城を見上げてゲルトと大正ロマンにひたった
三条大橋から大文字を眺めたようなもの
こんな絵のような場面が私にあったのだ
ちなみにアルトハイデルベルグの物語はドイツでは
失われて 彼女は知らなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=J3VNUjDLUH0
 ドイツ国歌 ↑

posted by 花蓮 at 10:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: