2020年02月09日

 鎌倉幻視  湘南モノレール(その三)

セミナーから二ヶ月たった
私は参加者名簿をめくって千葉麗子を探した
”もしもし〇〇だけど ちかごろどう?”
もちろん父親に犯されたことが根底にあるのだけれど
アメリカのセミナーのようにあけすけに聞きはしない
日本人特有の惻隠の情というものだ。
セミナーの主人公はアメリカ人だった
だからわたしは麗子とよび 彼女は私を下の名前で呼んだ
”だいぶいいよ”
”こんど西鎌倉で会わないか”
”オッケー”
鎌倉山の入口のロイヤルホストでどう?
日時をを約束した あの店はなんとなく気に入っていた。
マンションンを出ると江の島行の電車がスピードを緩めて
止まろうとしていた。
松林から風がぬけて潮の香りがした
今日はあの可愛いい顔が゙見れる
この話しは十五年ほどまえのことであるが
麗子は今の弘中綾香に似ていた
”わたし今授業で「星の王子様」を読んでるの”
私はその本よんだこともなかった
でも彼女に合せて 興味があるようなふうをよそおった
どこに住んでるの
”鎌倉山”
やっぱりお屋敷のお嬢様か
”母だけどこれから行ってみる” 暗に父は居ないと言いたかったのだろう
じゃ おじゃましようか
 ”わたし車で来たの”
店の前にミニクーパーが止まっていた
ミニは大きな排気音を立てて鎌倉山を登りはじめた
私の運命も捨てたもんじゃないな
訪問販売で汗を拭き拭き登った山道を
今こんなに可愛いこの助手席に座って
七里ヶ浜の海を眺めてる
一枚百万もするだろう鋳物門扉の前でとまった
 この豪邸?
 うん
スイッチを押すと山の肌を掘り込んだ車庫の
シャッターが上がった
気の小さい私の胸はドラムの様に鳴った
車庫の奥にはトンネルがあり
庭へとつづいている階段

 (鎌倉幻視  湘南モノレール その三) 続く




posted by 花蓮 at 19:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: