2020年01月27日

 鎌倉幻視 湘南モノレール (その二)

モノレールの中ほど まるで箱庭のように開けた場所がある
西鎌倉の駅だ
まるで茶碗の縁のような半円形を描いてモノレールが走る
高さはビルの四階程度
周りは鎌倉の外輪山
その中にぽっかりと平地
この駅は鎌倉の超高級別荘地「鎌倉山」の入口だ
彼女の名は千葉麗子
東西線の大手町を降りてズンズン東京駅まで歩いて行く
私は小走りに後を追って話しかけた
”どこまで帰るの?” ”う〜ん ” 鎌倉”
ちょっと警戒したように言い淀んだ
”ラッキー 僕は江の島 腰越だよ”
モノレールは丁度帰りラッシュで混んでいた
麗子の隣りのつり革につかまった。
大学はどこ 東女(とんじょ)の二年生
ありゃ 俺より偏差値上だ
セミナーで裸でディスコ
ピンク色に上気したお椀の様な乳房も見た
偏差値なんてくそくらえ
どこで降りるの?
西鎌倉
(まさか鎌倉山じゃないよな)
これ以上聞けなかった
鎌倉山から下りてくる道が平地に出るところに
ロイヤルホストがあった
訪問販売がうまく行かない時 そこに入って
木間がくれに見える別荘を見上げて溜息をついたものだ
麗子はその駅で降りる
どこへ帰るのだ
”じゃ さよなら”
モノレールはあと三つで終点江の島
おれはとぼとぼ安宿に帰る小田急の江の島線のすぐ横だ
 (鎌倉幻視  つづく)
posted by 花蓮 at 19:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: