2019年10月18日

19号千曲川と北極オリンピック

二つ二回に分けて書こうと思う
千曲川と札幌オリンピックマラソンのことである。
こんな田舎ジジイが書くべき事ではないと思うが
印象が薄れないうちに書かないとまた休んでしまう
千曲川の洪水なんてたいした事ではないと思っていたが
なぜかというと小諸懐古園の城跡から眺めた千曲川は
優しかった。
私の故郷新潟は千曲川が信濃川と名前を変えて
”悠々海にそそぐところ”だちなみにこれは高校の校歌
の一節である。
川幅二百メートルもあり、日本では大河である
上流の懐古園のあたりでは川底の石も見えどこからあの水量
が増えるのだろう。
だからガチョウが鳴くようなテレビニュースの氾濫は
信用していなかった。
ところがあの動画、広い川幅濁流、新幹線の水没
と見ていると大災害だった。
軽井沢へ行く高速から見える長野の近郊の林檎畑 ”優しく白き手を伸べて林檎を
我に与えしはひと恋しそめしはじめなり”
藤村 初恋) 
千曲、浅間どこも思い出がいっぱい 
早く復興してください
posted by 花蓮 at 09:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: