2019年05月01日

 皇室行事と天気

四月三十日平成最後の日 やっぱり雨が降った。
昭和天皇の大葬の日も雨だった。
今日は新天皇の即位 雨は止んで国民が祝意を示すには
良い天気だ。
天気と皇室行事に関係があるとしか思えない。
アメリカや朝鮮や中国人には分らない。
GHOが日本語を廃しローマ字にしようとした
だが不思議な力が働き中止した
日本国は言霊さきわう国だったのだ、目に見えない霊が
働いている。あの大嘗祭に秘密がある
天皇以外ひとりも参列は許されない、
知る必要もないし、覗いてもいけない。
あえて類推するならば大国主(おおくにぬし)より
現世の権力を奪い盗った現天皇家の過去に
関係しているのではなかろうか
しかし しかし出雲大社に大神殿を築いてもらい
あの世を治める事で合意した
以来二千年 日本国は納まっている。
だから天気も応援するのだとおもう。
 やはり詮索してはいけないことだった。 おわり



posted by 花蓮 at 15:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: