2019年02月20日

 秋田県と秋田犬と吉田輝星

 日本人はもっと日本語を自由に扱う事ができた。
NHKの日本語暗愚政策によって劣化してしまった。
「あきたいぬ」と読むそうだ。
私が子どもの頃は「あきたけん」と言った
前後の文脈から「いぬ」か「県」が分った
馬鹿ではない。
もし「いぬ」と「県」を混同する人がいたらほっておけばいいのである。
「あきたけん」を「県」という意味で発音するならば「秋田」に力を
入れて言えば分る
犬」を言いたい場合は「けん」に力を入れる。
「あきたいぬ」はいただけない。
 江戸弁で言えば「粋」ではないのだ。
この言葉が判らないのは田舎者、野暮天、と江戸っ子は言った
秋田の殿様「佐竹侯」が常陸から国替えで飛ばされる時
腹いせに国中の美人という美人を秋田に連れてったそうだ。
甲子園の金足農業の応援席に”ハッ”とするような日本型美人が
いるのをカメラが映した。これは佐竹のせいか、縄文の遺伝か
秋田はミスティリアスな県(犬)である。
 もう一つおまけ、市立船橋と金足農業、例えるならば
ポルシェとダットサン、しかし今はR380を作って
Pより速い、これぞ「縄魂弥才」日本人なのだ

NHKは偏向しているので、冷静に吟味して聞く必要がある。
そんな時代になったのだ。純朴な国民へ
吉田輝星君を見ると目鼻立ちの整った綺麗な顔をしている。
「縄文系」と言うのだ
精神もしっかりしていて「あきたけん」のホープであろう
私の顔を見ると平べったい「弥生」の顔をしている
亡くなった梅原猛先生が新潟に来られた時
県民会館に聞きに行った
先生が言われた これからの日本人は”縄魂弥才”(じょうこんやさい)
で生きていくべき」縄文の魂と弥生の才覚で生きる。
吉田君の活躍に期待しています。
 にいがたのあきたけん、新潟のザギトワ


posted by 花蓮 at 09:11| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by omachi at 2019年03月27日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: