2019年02月07日

 東京遷都は消えた?

首都機能の移転が以前新聞をにぎわせていた。
やれ福島だの、中部だの忙しかった。
東北へ行くのはいやだな、名古屋は馴染みがないし
なんて当時はもう十年以内に国会議事堂が移るのかと思った。
ところが最近はだれも言わない
一方東京の一極集中はますます進む
大阪本社では商売にならないらしい
日本の地図を良く見て見た。
野球のキャッチャーミットのような形をしている
球を受ける中心が「東京」である。
徳川家康も草原の湿原を良く埋め立てたものである。
東京以上の後背地を持った平野は見つからない。
今日越後は氷雨、東京は半袖の15度
家康さんは良い所を選んだものである
「鬼平犯科帳」「剣客商売」「山本周五郎 人情武士道」
「人情おけら長屋」どれを読んでも生き生きとした
下町描写がある。
江戸以外ではこの物語がなりたたない。田舎ではダメなのである。
今も「渋谷、青山、原宿」なしでは日本文化は語れない
京都木屋町ではダメなのである、
京都から東京へ遷都した時に日本の歴史が決まった
アメ公が東京大空襲をして焼野原にしても
それ以上に復活した。
不死身の東京よ
「本所おけら長屋」を書く為には三百年の伝統が
必要なのだ。
だから再遷都は無理
みんなの心の安定のために東京一極集中は進むのだ。
役人よ 国会議員よ お前だけ福島へ行け
私は死ぬまでに「門前仲町」に引っ越す
もう雪はたくさんだ。一極集中だ
 それか新幹線付の「軽井沢 プリンス通」だ もちろん二十三のエリカちゃんと一緒
 一時間で八重洲ブックセンター 
 
(越後じじい おわり)
posted by 花蓮 at 18:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: