2019年01月31日

 学ランとアイビーとワイルドワンズ

昔はあって今はないもの 大学生の学生服
昭和四十年には立教の1割に学ランは残っていた
「痰壺をストローですする」と言う冗談を飛ばしていたのは
千葉高校出身のN君だ、VAN全盛の立教にあって
蔦の絡まる本館の道を下駄と学ラン姿で千葉から通っていた
主に立教高校から無試験で来たやつらは紺のカーデガンに
三十センチもあるR文字を縫い付けて細いなんとか言うズボンを履いて
スリッポンの靴といういでたちだった。
もちろん越後の田舎者にはどこでそろえればいいかも知らなかった。
田舎の味方だと思っていた山形西高校のK子は四月からタバコを吸って
立教人の仲間入りをしていた。
過去のブログにも書いたが田舎丸出しのオイラはクリスマスの
お祝いに福井の田舎者と一緒に「赤玉ポートワイン」という
砂糖水みたいなワインを練馬で買って炬燵にに入って待っていた。
福井もオイラも女体というものを知らなかった
たぶん当時は田舎の高校生では当たり前だった。
同じクラブで横浜出身のY君がいた
浜の匂いでなくオイラと同じ田んぼのの匂い
彼は法学部であったが同級生に「ワイルドワンズ」の
T君がいた。
学校のメインストリートでテレビで見た通りの
目の大きいT君を紹介してくれた
もちろんアイビールック
千葉高もオイラも下駄に学ラン
でも経済学部は一番偏差値が高いなどと
つまらない自慢で満足していた
それから四年間彼等も全盛
オイラも女を求めていそがしかった。
ただ因縁霊のたたりでいまもって女房には縁が
無い。 たたりだ〜〜

posted by 花蓮 at 04:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: