2019年01月29日

省線電車と たんつぼ

「昔はあって今は無いもの」こんなテーマで先回から書き始めた。
省線電車」 この名がここ一ヶ月鳴り響く
といって格別鉄道おたくではない。
 昭和三十年ごろ越後から六時間かけて蒸気機関車で
上野についた。
母は「次は省線だよ」と言って階段を登って省線のホームに行った。
この時確かに「しょうせん」と言った。
戦後鉄道省は陸軍省とともに無くなったはず。
だから「省」の電車から「国有鉄道」になった
国鉄と呼ぶべきだろうが母はもちろん小学生のわたしには
分るはずもない。
戦後しばらくは「しょうせん」と言っていたのだろう
その姿はいまでも覚えている あずき色であばたのの様な
ボツボツした鉄鋲の痕、かんだかいモーター音。
余談だが大学の四年頃まで(昭和四十四年)池袋の駅ホームには
白い”痰壺”たんつぼ(たんを吐くいれもの)があった。
ハルピンに行くと道は痰だらけ、中国人は30分に一回は痰を吐く
「汚い 吐くなよ」と中国人の友人に言った事がある
良く考えると四十年ごろは日本人も吐いていたに違いない。
今はないもの=痰壺。

学生時代 池袋西口線路の端「養老の滝」でいつも言った冗談
「お前 駅のたんつぼ ストローで吸ってこい」
(続く)





posted by 花蓮 at 09:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: