2019年01月19日

 八重洲 (2)

私ら世代にとって八重洲といえば「ブックセンター」でしょう
山一を辞めてから上京すると、地上から出て右へ、広場の向うに
山一の本店ビルが見えた
横断歩道を渡ってセンターに入る。今日はどんな本に出会えるだろうか
やはり田舎者の私には丸の内の洒落たレストランは気おくれする。
本屋はどんなに難しくても古女房の家だ
角の口からから入るとホッとする。
ふっと江渡時代にスリップする
和田蔵門を出て外堀をこえてしばらく行くと松林
その先は江戸湾の波がひたひたと寄せる。
左手にはには佃の埋め立て地と海苔の養殖の杭が林立する
百年後には松林には赤レンガの東京駅がもう百年ごには
砂浜の地下には世界一の「八重洲地下街」が出来ていた
本を選び終えると 地下街のはずれいつものガランとした
レストランでカレー。
後は六時の朱鷺号で雪国に帰る。八重洲の旅終わり
posted by 花蓮 at 07:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: