2018年11月07日

 最後のお日様(3)

今日は西高東低の冬型の気圧配置が強まり、午後から雪模様。
こんな天気予報をテレビがつぶやいている。
あァ〜あ〜 また雪か
こんなため息を
早春賦を唱うまでまだ三か月もある。西高のもとまで
行った事がある。
天気図を見ると中国大陸の北朝鮮の上方にその低気圧
の中心がある、 いつも思う こいつが元凶か
これが日本海に乗り出し、タップリ水分を吸い
立山にぶつかり北陸、谷川岳にぶつかり越後わが新潟に
雪を。
一月 冬真っ只中 私はこの低気圧の中心に居た
そこはハルピン どんなに吹雪で荒れているかと思いきや
真っ青な空。 大陸性気候と言うのだそうだ、
実に気持ちがいい  ハルピンのマックでソフトクリーム
外はマイナス20℃  ハルピンっ子は冬 アイスを食べる
雨が無い 雨が無い みぞれも無い
これは長野スケート気候と同じなのだ
”そうすると冬でも外に行く”
ロシアに入るとアムール川と名前を変える「松花江」
その川面は一メートルの氷
向う岸までトラックが渡って行く
馬車そり、スケート 何百人の市民が川面に遊ぶ
松花江が一番賑わう季節
新潟を思った 外は雨 こたつで背を丸く 暗い冬
明るい 楽しい 冬
なんという違う冬だ
妻の家は壁が30センチもある
石炭を燃やす温水が家の全部を温かくする。
新潟の部屋は石油ストーブを離れれば 寒い
夜はマイナス30度 まつ毛から涙が氷ってブラブラ
でも楽しい 公園には赤や黄色の蛍光灯を埋め込んだ
氷像が林立 美しい 楽しい
三月は逆に寂しい 氷が融けはじめる
”冬の宴は終わったのだ”
他方日本の宴が始まる 〜氷融け去り 葦はつのぐむ〜
 早春賦の出番だ


posted by 花蓮 at 09:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: