2018年10月29日

 月島もんじゃ

私の夢 佐久に続く第二弾「月島」編
月島 東京の下町
実は越後人の私は江戸をしらない
東京にも慣れた学生時代、それも池袋練馬あたりだけ
今この歳になって東西線の下町住んで 江戸人みたいな顔
をして受け入れられるだろうか。
これは夢だからそんな心配はよそう。
昔 自然食品を扱っている三十代 
その中に「月島食品のマーガリン」があった。
きっと月島にあるのだろう・ 身体に良いのだと
亡くなった妻が毎月買っていた。
あの辺は運河があちこちにある、
住むのはその運河沿いの中古マンションが良い
どうせ東京人にはなりきれないので
まだ見ぬ妻の機嫌をとって、清澄辺りまで毎日散歩
そのうち静かな喫茶店を見つけて定宿にする。
読みやすい司馬遼太郎の文庫版をいっぱい買って
その中から1冊持っていく。
妻も私のくせを知っているので話し掛けない
ゆで卵のモーニング、日替わりでスクランブルエッグ
これで下町に住んだ事になるだろうか
帰ってテレビを点ければ、新潟は吹雪
どんなに季節風が荒れようとこの江戸は安心
妻の横顔をじっとみる真っ白な肌とちょうどいい高さの鼻
京の地黒な舞娘より素晴らしい。
じじい 此の世の夢  (さいなら)



posted by 花蓮 at 11:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: