2018年04月18日

ダラシノない灯台、京大

財務省の役人が右往左往、みんな東大京大の成績トップの連中だ
昔の侍のように”腹を切る”覚悟が無いからだ。
もっとも今の政治にそれだけの価値が無いからかもしれない
完全に共産党の機関紙のような新聞、テレビ。
私は午前、午後のテレビは切っている。
百年に一人の宰相「阿倍晋三」を守りたい。
中国は彼が邪魔でしょうがない。だから傘下の麻日をつかって
倒閣をしつこく仕掛ける。
負けちゃならない。ねばって ねばって 跳ね返さねばならない。
私の住む新潟県は先の知事が(京大出)度胸無しで逃げた
新人のYに敗れたこの男は以前維新の会、こんどは共産党に鞍替えして
当選”棚からボタ餅”で当選した。
ところが昨日 辞職するから癒して、と記者会見。
此の男が東大医学部。
辞職の理由を言わない、涙を流しながら”世論”を観察しているのだ
東大出の浅知恵 助かるかもしれないと思っている
どうやら週刊誌に載ったないようは デリヘルを買ったらしいのだ
紐の男に見つかって金を脅されらしい。
東大出の考えること、財務省も女に苦労する。
私はやりたくもない、東大京大でもなく、三流私立だ
経験で最後の散り方は知っている、”もはやこれまで”
落城の美学だ。
幸いいままでこの場面はない。
財務省次官、国税長官、知事、ろくなものがいない。
田中角栄がましか。
posted by 花蓮 at 08:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: