2017年10月07日

祇園のゆめ

ふとチューブを見たら祇園の舞子の日常
これが次から次へと出てくるチューブの仕組み
嫌いではないので見てしまう。
まめ藤、彼女は売れっ子らしい
好みの子を発見した 「紗月」という
こんな子が新潟の御座敷にいたら 身代傾けてしまう
新潟舞子にもポスターになった〇〇がいる チューブにも
残っているので探す事ができる
京都にはこんな綺麗な舞子がいるのか
だれが身請けをするのか 幸せ者だ 世の中には
望外の組みあわせがあるものだ、
定番の「祇園小唄」 いろんな歌手が歌っている
普通は石川さゆりが歌えばこれできまりだろうと
終わりにする。
ところが下谷二三子という歌手が歌った「祇園小唄」
がある。
「こぶしが」抜群なのだ!!

オリジナルの藤本二三子よりうまい
これ一度聞いてみて下さい
〜月はおぼろに 東山
 だらりの帯よ〜〜

お金もない 
一見さんお断り
此の世では 紗月 さんに会う事もできない

posted by 花蓮 at 06:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: