2017年07月28日

ミッドサマー

目の前にある大きな沼、 その端に農家がいちじくをうえてている。
いまは七月 植物が一番元気な時期だ。イチジクが二階まで歯を広げて
対岸が全く見えない
一面 みどり それを室内からじっと見ている。
もうじきミッドサマーがやってくる。とおもうと秋風がサッと吹き
やがて葉が散る、
横道にそれる
葉がとハングルで表記すると「歯」がいう意味もある
これではあの国の文化は混乱する
衰退の国「韓国」
話しは戻そう
今は葉が散ることまで考えなくていい
じりじりと照りつけるミッドサマーを楽しみに待とう
posted by 花蓮 at 07:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: