2017年05月07日

テルマエ、ロマエ

五六年前に流行った映画だ
漫画家のヤマザキマリの作品

古代ローマの浴場設計技師が
タイムスリップして日本の平成に
来る物語だ
その奇想天外発想は類を見ないものだ。
風呂嫌いの欧米人が唯一風呂に関心を
もった時代。
それと風呂好きな日本人を関連づけた
奇抜な発想に感服した
GWの最後を飾る圧巻の映画だった、
ついでに言えば中国人も風呂に入らない
在留期間が長くなると日本の習慣になれて
風呂が好きになる。
テルマエ・ロマエ このタイトルを十回
聞いても覚えられない。
書きとめてやっと書いた。
作者の漫画家は良く古代ローマを
勉強したものだ
大学時代考古学をやっていて
多少古代ローマも読んでいた
漫画家に負けてなるものかと
映画、マンガをよんだが生半可の
知識量ではない。
彼女の知識に従う事にした
とにかく面白かった。

posted by 花蓮 at 16:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: