2016年05月20日

毎度の話題で失礼します

何を書こうかと逡巡するうちに次々と事件が

発生してまた遅れてしまった。

世の中に気に入らない知事が三人いる

マスゾエ、沖縄かつら、新潟県、

マスゾエはこの金銭問題が発生する以前から

都市外交などと言いながら韓国中国を訪問して

国の為にならぬ余計な事をしていた。

困った事だとこの二年田舎で心配していたら

一気に全国で盛り上がった反対の声

もうここまでくれば立ち上がることも無い

だろう、

あと二人、沖縄かつら知事

昨日アメリカから帰ったらしい

まるで中国共産党の官吏の行動だ・

これに同調する県民と沖縄新聞が

あるらしい。

我那覇真子さんという”傑女”が

立ち上がった。オナガと中国新聞2紙に対して

反対を言ったのだ。

自然発生的に真正「日本人」が現れるものだ

新潟の田舎で朽ち果てようとしている者に

とって心強い。

新潟県知事 これが悪辣

ついこのあいだまで正常に動いていた

原発が定期検査とかで停止した

すかさず知事が難癖つけて

再稼働させないのだ

東電は動かしたくて何十億も掛けて

防波堤を作ったり、消防車を買ったりしている

難癖知事は橋本さんのむこうを張って

有名人になろうとしているのだろうけど

所詮小粒官僚、県民に迷惑かけている。

阿倍首相は傑出した人物だった

この人が居なかったら日本はどうなっていただろう

クネやら金平にめちゃくちゃにされていただろう

阿倍さんありがとう。

テキサス親爺、新潟親爺。

「カエルの天国を」讀みましょう

 

 

 

 

 

 

posted by 花蓮 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355857

この記事へのトラックバック