2015年07月30日

路線バスの旅

 

 

   < 秘蔵 ハルピン銀座に住む マルコちゃん 37才>

   (この子はいわゆる都市の住人 看護師・初婚)

 

いやぁ〜〜面白かった

日本全国  旅してました

嘘です

YOU TUBU  路線バスの旅にはまって

青森 京都 丹後 松本 出雲に

行ってました

太川陽介 蛭子のコンビの掛け合い

に引き込まれ ハラドキドキ 時間を忘れ

昨日寝たのは  午前2時

このところ数日は 夢のなか

昨日は更新しないのに来訪者は600人

プレスが掛かる

また精神病者の男性が現れて

数日間は騙されて つき合わされてしまった

なんだか 茫然自失の昨日まで

路線バス

新宿から新潟萬代橋まで

最後は雪の”くそ越後”を体験

ゲストの田中律子が 東三条駅で

落雷と季節風で傘の骨を折って

きゃ〜きゃ〜言っている

新潟では日常茶飯事だ

二日目 群馬伊香保温泉は 快晴

三国峠の白い雪が青空に眩しい

帰省するとき 何度も味わった

心境だ

天国から J コスター

越後に住んだ者でないと分らない

国境に向かう恐怖

上杉謙信も越えられなかった

冬の三国峠

路線バスは絶対ない

どうするのだ と見ていると

国境越後の貝掛温泉の女将が

田中律子の知人

国境のトンネルを越えて迎えに

来てもらう

チョンボだ

でも目くじら立てる事でもない

冬の新潟は暮れるの早い

氷雨、みぞれの中 白根と言う

陸の孤島みたいな 田んぼの町から

新潟駅行き最終バスがあった

その男は別れた元妻が家に住んで

いるので、中国妻に二階と一階に

同居しても良いかと聞いてきた

<妻妾同居 みたい><それは絶対ダメ>

と私は言った

男は元精神科の看護師

変なラインのやり取りが数日続く

当人60才 、でも20〜30才の美人じゃなきゃダメという

精神病矯正施設時代

刺青を入れたらしい 

写真を送ってくる

まずい

でも一昨日 株のデイトレで200万の利益を出したという

株の腕はセミプロ級

基本的にオリンピック終了までは

日本は上げ相場と男は言う

株の頭はしっかりと見た

私の秘蔵の女性を勧めた

彼女は37才

私を信じて任せてきっている

写真を送ると

(埼玉のMさん あなたの時は居なかった ゴメン)

老けているのでダメ」とライン返事

この言葉が

ミサイルのように突き刺さって

数日間の行き違いが 爆発 した

「23才のぴちぴちした娘であなと

結婚するのは ハルピンの売春宿に

いる娼婦だよ」

「あんたのやってる事は買春だ」

気が付くのが遅すぎた

秘蔵女性や 中国側に迷惑を掛けた

後だった。

重大な不幸は防げたけれど

狂った男にもの言うは

カエルの面にションベン

優しさが無い

幼児期に<両親の激しい喧嘩>

神 以外に治療法を知らない

おらのせいじゃない

隠れ患者の多さに 慄然とする今日のひ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by 花蓮 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355761

この記事へのトラックバック