2015年07月26日

なぜ 大河 花燃ゆ は面白くないか

今日は日曜日

読者の方も家庭サービスで忙しいのか

アクセス数も少ない

私も休み!

とすねて 休みにしようと思ったけど

休み用の下らない事を書ので

申し訳ありませんが

オヤジの暇つぶしにお付合い下さい。

TBS「天皇の料理番」とNHK「花燃ゆ」と同時期

にやっていた

なぜ同じ大型なのに 違うか

脚本の力の差だろう

吉田松陰の妹

この人物で一年持つだろうか

と年初に思った

案の定 2月頃から視聴率が下がり始める

同じ幕末でも「龍馬伝」 福山雅治は

面白かった

名脚本家の司馬遼太郎さんの

「龍馬が行く」が下地にあったせいだろう

龍馬の江戸千葉道場時代

新聞連載の司馬さんの翌日が楽しみだった

千葉先生の娘と龍馬の掛け合い

胸が”わくわく”した

一方松陰の妹の台詞のなんと

うすっぺらな事か

だから心に残らず、また見る気がしない

「天皇の料理番」 

 俳優がいい

佐藤 健 黒木  華、

これだけで十分だ

NHKは何十人も登場させる

やはり脚本が稚拙なのだろう

主人公と脇役数人で十分

面白いドラマが作れるとTBSが証明したようなものだ

秋口にかけてNHKはますます面白くなくなり

もっとみたい「料理番」は終わった。

<天下万民のため>などと

人間が普段言わない事を

台本から削除することである

人間味を語れ 

秋山徳三が妻の痰をススルような

場面を描け

俺も中国人妻が病気になったら

彼女のをすすってやる

 

posted by 花蓮 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355759

この記事へのトラックバック