2015年05月29日

胡桃の効能とエロサイト

スーパーで<胡桃>を買って来た

京大医学部卒の司法書士の彼が我が家にやってきた

私には無い理系の頭脳

おまけに弁護士資格もあるという。

いろんな事情は割愛して。

私がエロサイトを見ていて

クリックしたら突然請求画面が広がりどうしても

消えないのだ。

PC操作の苦手な私は、PC修理の業者に頼もうと

思ったのだが、以前頼んだら六千円請求された

自分のミスだが如何にももったいない

女の局部は一ヶ月もすると見たくなる

生殖意欲は生きてる証しか

そんな事で彼に出張を願った

「エロサイトの画面を消して!」

<彼はなんでも出来る>

医学から法律、PCまで

私のスマホのアイコンの導入は全部彼にやってもらった。

私は自分でも優秀だと自惚れていたが

彼には全面降伏だ

その彼が<胡桃の効能>を語った

今 脳卒中と糖尿の薬を山ほど飲んでいるが

症状を抑えるだけで 根本解決にはなっていない

「薬を飲まなかったら もう責任は取れないから

他所の医者に行け」

と言われた。

血圧を抑える、血栓を溶かす、・・

この効能を医者は信じてる

これじゃ 死ぬまで”薬に繋がれた犬”のようなもの。

「納豆3パックをどんぶりに入れて卵と混ぜて食べてますよ」

彼は言った

閃いた私は スーパーに行って 納豆パック 山芋 メカブ

などを買ってきた

妻も食べたいという

あまり料理が得意じゃない妻はこれで喜んでいる

胡桃の効能をネットで確認する

血液さらさら、血圧を下げるなどの効能があるという

今飲んでいる薬と同じだ

もしこれで死んでも あまりこの世に未練はない

 

今呼吸の不思議に憑りつかれている

生きとし 生けるもの 呼吸を5分止めたら死ぬ

”呼吸とは何だろ”

此の世の秘密のしっぽを掴んだのだろうか

何かあるぞ

 

世の中は今 暑い 暑いと言っている

ところが 私は今年暑くない

彼曰く 「代謝が落ちているんですよ」

局部に頭を突っ込まなければ 代謝が上がらない

脳卒中を患ってから ガスが抜けたようなのである

去年「鎌倉物語」を書いている時は 燃えた

それも落選して 燃え尽きた

胡桃を一日一個食べて 代謝を上げようか

 

posted by 花蓮 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355732

この記事へのトラックバック