2015年04月29日

後味の悪い訪問者

                  <姉とS女  二人とも理容師>

昨日は良くない日だった

一昨日電話

「そちら 国際結婚ですか」

岡山市に47歳の男性がいるんですけど

誰か良い女性いますか」

「お客さん 遠いとこから電話ですね」

「いえ 私は新潟市です」

咄嗟にウイグル自治区の「詩宇」ちゃんの

顔を思い浮かべた

47歳男の説明を始めた

「中学の時は卓球で優勝したんですよ」

延々と卓球特待生で高校に入学した

話をする

中年男の高校時代を聞いてもしょうがないが

黙って聞いてるしかない。

中年オバンと岡山市男性の関係は言わずじまい

岡山市は瀬戸内海の住みやすそうな町

「職業は何です?」

「床屋です」

「兄さんは大学を出て公務員です」

「女性は綺麗な人ですよ 写真見ますか?」

「えッ 見ます 明日行きます」

それが昨日のこと

詩宇ちゃんに47歳は気の毒だ

それにこのオバンの説明に

一向に現在が無い <オカシイぞ>

「私 新潟大学出てるのよ!」

東大じゃあるまいし わざわざ人に言う大学でもない

唯一瀬戸内海の温暖な街だけが利点か〜

長岡の短期滞在のS子ちゃんを思い出した

電話をすると

「良い男性ですか?」

「わかりません だけど岡山市 暖かいところ

親戚が明日来るので 会いますか」

「伺います」

昨日午後から面談となった

オバンはブスの娘を連れてきた

その娘の幼児も一緒だ

その幼児は真っ黒ではないか

「娘は優秀でアメリカの大学を卒業してるんです」

私は事情が読めた

明らかに 中国のS女の方が上だ

日本語が通じないとみるや

オバンは最低の英語で喋り始めた

こいつは自己ちゅうの馬鹿だ

相手が理解してないのも分らない

SVOの語順が滅茶苦茶な中学単語の羅列

また中学の卓球大会の話をする

私は聞いた

「47歳男性は結婚を望んでいるんですか」

「マザコンの危険性は大丈夫ですか」

軽くジャブを入れる

「この間 聞いたら 結婚はまだいいよ」

と言うんです。  マザコンの匂いがする

「それじゃまだ頼まれていないんですね」

嵐のごとくまくし立てたオバンが帰った

S女の姉が言った

「だって50歳近い男の高校時代を

聞いてもしょうがないわ」

「あの人何しに来たの」

私は言った

「ごめんね 国際結婚の半分以上は

あんなもんだよ」

彼女達は 新潟の有名洋菓子店の

折箱を置いていった。

無駄な出費をさせてしまった

六でもない日本人

こころ正常な中国人

 /

今日はGWの初日

どこへ行く予定も無い

淺田次郎の「一路」でも買いに行くか

春の勲章をもらったらしい

きらきらした彼の人生

posted by 花蓮 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355712

この記事へのトラックバック