2014年09月15日

U型中国人との休日

Dscf0596

 < 青年の従妹 1982年生まれ>

10時ころ新潟市内のある場所に行ってきた

私が中学生の頃、よく行った場所だ

そこには先祖が残した畑が400坪程あった。

中国人の20歳の若者から電話があった

と先日のブログに書いたが、

その彼が突然運転免許証を落とし

それで我が家に来れなくなったのだ

「趙さん俺がプリントした写真取に行くよ

あなたの住所をメールで送って」

昨日 美人の小さい写真を送ってきた

彼の従妹だそうだ

彼は「U型中国人」と踏んだ

20歳良質中国人だ

ナビでたどり着くと

そこは30年前親戚の弁護士に

盗られたおじいちゃんの畑の跡だった。

30年間訪れなかった場所

その跡に建ったマンションに彼は住んでいた

「ここは御爺ちゃんの土地だったんだ」

中國人に言っても分るまい。

マンションから若い女も出て来る

20歳青年の日本語学校で見つけた

中國人彼女だという。

21歳かなりの美人だ

中國人同士なので私は触らない。

「立ち話も何なんでマックへ行こう」

私は誘った

写真の従妹はかなりの美人だ

32歳、9歳の女児あり

どうしても日本人と結婚したいそうだ。

これにつろくする日本人がいるかどうか問題だ。

埼玉の高校の先生を思い出した

あの時は居なかったのだ。

条件は何歳でも良いと言う

縁故ゆえの好条件(男にとって)だ。

20歳青年がトイレに立った時

私は彼女に聞いた

「あなたの彼はマザコンじゃない?」

「えッ 何でわかるんですか」

「よく 母の話が出てくるからだ」

「これから母が新潟に来るんで

会ってくれますか」と青年が言った。

青年が母の誕生日に贈った品を

伊勢丹に交換にくるというのだ。

母は54歳、俺よりずっと若い

実は彼の母は日本人と再婚して

新潟近郊に住んでいた。

<マザコンでなくて親孝行と解釈しておこう>

と21歳彼女に言った。

posted by 花蓮 at 18:29 | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355550

この記事へのトラックバック