2014年08月31日

時代は若者の手に

妻の弟がハルピンから帰ってきた

妻の可愛い弟だから、私も大事にしよう

この見ず知らずの日本で

私が死んだ後、二人で力を合わせ生きて

いかねばならない。

もっとも日本人だからとて

他人に囲まれて生きていかなければ

ならないのは同じだけど。

新潟の五目ラーメンは何処よりも美味しい

妻は上海飯店が大好きだ

入口に「歓迎光臨」と書いてある

これをハルピンで聞くと

<ファインモーニング>と聞こえる

ああ!おはよう御座いますと言ってるんだ

とハルピンで妻に言ったら

「何聞き違えてるの」

「いらっしゃいませだよ」

弟は拙いも美味しいも言わず

もくもくと食べている。

妻の知人の母も親族訪問で同じ

飛行機に乗ってきた。

一緒に五目ラーメン

真っ黒な肌に真新しいブラウス

薔薇の花が両肘のところに付いている

40年前、越後の農民が一張羅を着て

東京へ行く急行佐渡に乗っていた

過去を思い出した。

昨日は”特”優秀な20歳中国人若者が

やって来た。

「あなたの親戚の中國人なら会いたい」

というのだ。

私も前途有望な若者を弟に紹介した。

彼は声を潜めて「共産党はもうだめです」

と言った。次の時代を見つめているのか。

朝日新聞が言う反日とは大違いだ

庶民の賢い連中は50年先を行く。

日教組が京城の慰安婦記念館を

見学するツアーに行ったそうだ。

”盲目状態”の頭だ。

本家の中國の開明な若者は

だまされ無いと言うのに。

若者は言った

「社長、 国際結婚の新しいビジネスモデル

を発見しました。一緒にやりませんか」

これが20歳の言う言葉か!!

「へ〜〜 それはどんなモデルだね」

若者の提案に引き込まれた

ひょっとして 若さは時代の流れを

掴んでいるのかも知れない。

パククネ・キンペイの

七十年前の恨みばかりの外交

時代は平成生まれの若者の手に・・

posted by 花蓮 at 08:44 | TrackBack(0) | 考えること
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355536

この記事へのトラックバック