2014年08月23日

中國人のための日本

昨日の朝 携帯が鳴った

だれだこんなに早く

近所の中國人主婦だった。

日本語を教えているんんだけど

確かに頭が悪い、

性格は抜群なのに

好意と怒りの言葉がいつも出て来る

来日6年になるのに日本語がめちゃくちゃだ。

昔私の会社で中国人アルバイトを50人使った

私の中國語はその時覚えたのだ。

「ミンテンライ、ホーテンブライ、ダホーテンライ」

明日は来い、明後日は来なくて良い、しあさっては来い」

バイトの指示だ。

それに比べて主婦は極端に遅いから怒るのだ

三年たったが逃げるつもりもない

日本に永住するのだ

ならばもう少し喋らなければならない。

彼女もこの気持ちが分って、

縁を切らない

来日中の親族、母と息子とその嫁、

主人と五人で、

九月ディズニー、ジボリに行くらしい

「ジボりじゃなくてジブリ美術館だろ」

修正する

主婦はジブリなんて知らない25歳息子は・・

「息子が絶対行くっていうんだもの」

中國人も行く、たしか三鷹だ。

中国人が三鷹に行きたいか

ジブリ美術館は黒龍江でも有名らしい。

ネットの情報が広がっているの知った。

上野の旅館一部屋に五人泊まって

中國人を案内する中国人に

一日一万円で頼むと言う。

こんな商売が成立しているのだ。

主人は日本人なのに乗り換えを

怖がって中国人に頼んだのである。

木場のカプセルを主人が絶対嫌だと

初めてで怖いという。

上段がごちゃごちゃ・・・

夫婦で心配している

「上段は誰でも登れるよ」

「上野と新宿はディにどちらが近いの?」

ハルピンに泊まって南岸区と道理区は

どちらがテレビ塔に近いか心配するようなもの。

しなくていい 心配はするな!」

「ディズは近いの?」

「案内板に従って行け!」

予約を助けて欲しいと言うのが

電話の趣旨。

カプセルの写真をプリントアウト

後は健康ランドと同じだよと主人に電話。

3月に結婚した60歳オヤジと同じ質問だ

「乗り換えが怖い」と言う

私は言った。

「看板を見ろ!!!!」 日本人に言っているのだ

中國人が日本人を新宿へ案内する

(靖国へ行け)

先日来た中国人若者

ベンツA300を日本で解体して

ラオス経由で中国に送るという

それを中国で組み立てれば

何千万になると言った

日本を舞台に生きる中国人

益々拡大する。

お人好しのジャパニーズ。

先日ブログに登場した4500万、と2億の

悪辣日本人に比べてほのぼのした家族だ。

そんな奴はジブリを見ると良い。

posted by 花蓮 at 07:36 | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355532

この記事へのトラックバック