2013年12月28日

年末の大工仕事

003_2

もう人生これで終わりにしようと 思っていたので

今年は新しく家をいじる事は無かった。

ところがまだ生きている

鎌倉物語を書いたら 案外行けそうだ。

そうすると参考に小説を読み始めた

だんだん仮設の本置き場では間に合わなくなってきた。

それで今月の初めから、本の置き場を考え出したのだ

そうだ あの壁に本棚を作ろう。

あまり気力と腕は残っていないので

本棚の構造を考えていた

<よし! この程度ならできるぞ>

倒れる危険があるので背中の壁にネジで留める方式にした。

図面を書いて、ホームセンターで3尺×6尺の

ベニヤを裁断してもらう。

最少のペンキ、サンドペーパー、パテ、ネジを

買って9000円。

今日 朝から組み立てが始まった、

赤と緑の反対色   ペンキを塗って午後十時完成した。 

赤を最少にしたので案外合っている

明日は溜まった本の移動だ。

29日。年末というのに

「余計な仕事を増やして」と

妻にブツブツ言われるだろう。

でも もうニ、三年 本の蓄積は大丈夫だろう

それから先は死ぬかも知れない。

本棚と書きかけの原稿が残して。

次に住む人が解体すれば良い

posted by 花蓮 at 22:57 | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355386

この記事へのトラックバック