2013年07月31日

短編 鎌倉狐 湘南モノレール編

「自転車はこのまま置いて ドライブ行かないか」

「うん いいよ」

秀雄は腰越の方に下って行き、江の島の前に出た

橋を渡り ヨットハーバーの駐車場でUターンする。

いつも見てる風景の逆だ

湘南海岸、腰越のマンション、七ヶ浜、稲村、逗子の灯りが

ダイヤモンドのようだ。

鎌倉は抱きしめたいほど美しい。

秀雄は自分の生まれた処にいま愛着を感じていた。

「和子 鎌倉が綺麗だね」

「そうね 私も大好き」

 

「ここに一生住みたいわ」

俺と結婚したいという意味だろうか。

それから橋を戻って茅ヶ崎方向の134号へ

いわゆる 「希望の轍」 

サザンロードだ

秀雄は気分が落ち込んだ時

この曲を聴く

そうする<何とかなるや>と言う気になるから

不思議だ。

浜須賀の三叉路を横浜に向うと遊行寺の坂がある

正月の駅伝の復路で苦しそうならランナーの

逆転劇が良く起こる所だ

この遊行寺は踊り念仏で知られている。

鎌倉時代、恍惚となって踊って、現世から逃れると

いうi一遍上人の教えだ。

セミナーのディスコミュージックと同じだ

考えずに身体を揺らす

「思考は行動に従う」

だから無理に笑い続けると嬉しくなってくる。

鎌倉時代に素晴らしい<発見>だった。

サザンの歌は 現代の踊り念仏だ

湘南は素晴らしい人が出る。

残念ながら秀雄のミニクーパーには

CDもカセットデッキも付いていない。

しかし 頭は「希望の轍」モードだった。

134号に 金色のタイヤ痕が二本見えた。

和子も楽しそう

若者の(心どうし)が響くのにお金も時間も

要らない。

例え公園の壊れたベンチでも

豪華ホテルの椅子にもまさっているのだった。

男女は神がこしらえたもの

説明も助けも要らない。

この夜は 最高シティウェーションで

鎌倉狐と

湘南の海と風が、

三浦荒次郎小桜姫以来の出会いを作った。

のほほん育ちの秀雄は知らなかった・・・・

posted by 花蓮 at 09:08 | TrackBack(0) | 考えること
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355286

この記事へのトラックバック