2013年07月29日

短編 鎌倉狐の夢 第1章 湘南モノレール編

 

一台のスポーツバイクが下って来るのが見えた。<o:p></o:p>

 

秀雄はそれがイタリアのビアンキじゃないかと思ったが<o:p></o:p>

 

遠目では分らない。<o:p></o:p>

 

ヘルメットを手に和子が店内を見回す<o:p></o:p>

 

秀雄が手を挙げると直ぐ見つけてやってくる。<o:p></o:p>

 

秀雄は嬉しかった<o:p></o:p>

 

いくつもの偶然が重なってここでこうして<o:p></o:p>

 

和子が眼の前に座っている。<o:p></o:p>

 

「和子 山の上だったんね」<o:p></o:p>

 

「わたし 同じ七里ヶ浜高校よ、秀雄が三年の時一年」<o:p></o:p>

 

「江ノ電で秀雄が一番前の口私が二番目、秀雄はサッカー部<o:p></o:p>

 

の人達と喋ってたわ」<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

「全然気が付かなかった」<o:p></o:p>

 

「高校時代は上級生は分るけど、下級生には目が行かないもんだ」<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

「ある日ね  私も江の島で降りたら

 

秀雄が踏切を越えて腰越の街に歩いて行くのを見たの<o:p></o:p>

 

興味があって付いて行ったわ<o:p></o:p>

 

そしたら 「江の島最中」の店に “ただ今”と言って入っていったのよ<o:p></o:p>

 

ああ鎌倉屋さんか お母さんと一度買い物したことがあるの<o:p></o:p>

 

あなたは卒業して行ったわ<o:p></o:p>

 

何処の大学か分らなくて終ったと思ったの<o:p></o:p>

 

でも でも セミナーで五年振りに見たとき直ぐわかった」<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

「へえ〜そんな事があったんだ」<o:p></o:p>

 

「和子は今は?」<o:p></o:p>

 

「東女の3年生 英文学科」<o:p></o:p>

 

「頭いいんだね」<o:p></o:p>

 

「何言ってんの 普通よ」<o:p></o:p>

 

秀雄は和子を愛おしいと思った<o:p></o:p>

 

こういうの ラブ アット ファーストサイトというんだな。<o:p></o:p>

 

恋に落ちてしまったのだ<o:p></o:p>

 

狐は物陰でにッと笑った。<o:p></o:p>

 

posted by 花蓮 at 11:14 | TrackBack(0) | 考えること
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355284

この記事へのトラックバック