2013年06月30日

バンドネオンが流れた日(2)

妻ちゃんを家に残して 母の洗濯物を取りに病院に行った

「夕方 わたし見舞いに行くから」

「君を待ってるって言ってたよ」

病気してから 母は気が弱くなって 

妻ちゃんを頼りにしている

一階のエレベターホールに二人の看護師がいた

三人で乗り込む

後ろ姿を見たときから E子に似てるなあ・・

先に入った二人は向きを変えた

あれ! あなただったの

久しぶり!!!   元気」

去年の11月 退院以来だ

あいたかったよ」

「私も あなたのお母さんが入院してるの知ってたのよ」

「でも 病棟が違うからね」

「伝言聞いた?」

「なんで来なかったの?」

療法士のB男を通じて

「東病棟に会いに来て」と伝言があったのだ

でも 本心かと 私は疑っていた

用事もないのに 東病棟に行けないよ

半年会えないのに 

<宇宙の闇に 広がった>

「想念と関係」は 

勝手に進行していた

半年前の会話

外で 珈琲飲まないか」

あなた 奥さんいるでしょ」

「B男君と 三人で飲みましょ」

それが 半年の間に 「会う事」前提に

変わっていたのだ 

これ醸成 

箱に詰めてあった林檎が熟れた

エレベータの中で 連れの看護師を

そっちのけで 

E子は弾んだ

バンドネオンが波打つように

5階に着くまで わずか2分の鼓動だった

「じゃ またあとで

向き合った二人

降り際に自然と E子の乳房を越えて

肩に手を置いた

お爺さんと23歳

これ本当だろうか

「5時から男」のCMが流れた

人生 後半が面白い

去年退院の時 

小説「阪急電車」をE子にプレゼントした

「阪急宝塚線 毎日見かける美しい人

ある日 宝塚図書館で偶然見かける

A男が本を取ろうとすると 彼女が先に手を伸した。

ある日 偶然に電車の隣りの席に

口をきくことに  

「図書館でお会いしましたね」

遠くからA男が見ていたのに 彼女は知っていたのだ

有川 浩 の筆の運び方に魅了されたのは「此処だ」

E子の<感性>に手渡した「阪急電車」が

半年掛けて<共鳴>したらしい

今は6時半

石窯パンの店に 日曜の朝

フランスパンと珈琲 に行くか

人生は後半戦が 面白い  ↓高田純二CM

http://www.aeonretail.jp/campaign/gg/

posted by 花蓮 at 06:11 | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355261

この記事へのトラックバック