2013年03月29日

母の入院

あ^^〜〜面白かった

今病院から帰って来たのです

去年入院してたリハビリ病院です。

母が急に手足の痛みがひどくなって

診てもらうと

大病院で病名と処方をもらうことになった。

診察の合間に私は5Fのリハビリ科へ

ナースステーションの前を通ると

見た顔が、

しかしはっきりと分からないので過ぎると

「中村さん なんで声掛けないの〜〜」

女と言うのは良く覚えているものだ。

剛力彩芽にそっくりな彼女が声を掛けてきた。

〇〇さんいるわよ」

ますます あやめちゃんに似てきたね」

リハビリ療法師の〇子ちゃんの事をいっているのだ

お父さんと呼び

”暗に近づくな”と言った担当女だ。

いいよ 会いたくないよ」

私は心にもない事いう

それから男の「若者療法士」や

ちょっとむかし声を掛けた女の子が次々と現れる

「あれ! 髪切ったの」

「何言っての 中村さんが居た時から短かったよ

あれそうだっけ??」

小可愛い顔。

私のお目当ては看護助士のE〜〜子ちゃん

男の療法士に

「今日居るか 彼女」

だれ」

「決まってるだろ」

午後からです」

「お袋が入院するから、ちょくちょく来るよ」

これから意外な楽しみができた。

担当女が

中村さん どうしてた

「うん また倒れてさ」

びっこのまねをする

また ふざけて」

「〇ちゃんに 診てもらいたくて 毎日思いだしてたよ」

なんて調子が良いんだろう

ああ 気持ちのよかった時間

女は素晴らしい。。。。

あの子も あの子も あの子も

posted by 花蓮 at 11:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355189

この記事へのトラックバック