2011年11月21日

縄文お焼きがやってきた

Cimg3235

長野県の小川村と言う所から「おやき」を買いました

今はネットの時代、3年前おやきが食べたくなってネットで検索すると

縄文おやき」がヒットしました

それで「野沢菜」の入ってお焼きを注文すると送られてきました

それ以来毎年今頃の季節になると、パンフレットが送られてきます。

妻も大好きです

「私の分は?」

一袋3個入りなので、わたしが2個食べてしまってつい美味しくて

3個目を食べたのです。

妻を忘れてました そのくらい美味しい味でした

善光寺に行った時はお焼きがいろんな店で売っていましたが

フライパンの上に油をひいて、お焼きを焼くのです。

この食べ方は違うなと思っていましたが、

送られてきた「お焼き」は油を使うところがありません

本来の農村で食べられていた「火で焼く」やり方です

もう残り1つになってしまいました。

この一つは<妻に残しておかなければ>怒られる

posted by 花蓮 at 14:57 | TrackBack(0) | インポート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355038

この記事へのトラックバック