2011年09月16日

図書館でひととき

市立図書館に行くか」と聞くと珍しく「行く」と

妻はいうので乗せて行きました

市立図書館は県立より蔵書冊数が多いので入場者は

倍くらい違うのではないでしょうか

妻が読む中国原書は僅かしか揃えてありませんので

面白くないのかもしれません。

それで館内喫茶店で時間をつぶすしかありません

それかCDをレンタルしてくれるので、古い流行歌を借りて

日本語の勉強に役立てているようです

30分ほど私が本を選んで入り口の喫茶店に戻ってくると

妻が珈琲とパンを注文していました。

この珈琲店は葡萄農場が経営している有名店です

そのパン美味しい?」

石窯パンで味が違うよ

わたしも 石窯パンを食べて見ると確かに美味しいのです

何借りたの?」

テレサ・テンよ <君いつ帰る>が入ってるの

あなたは

司馬遼太郎という作家の歴史小説さ

日本語が難しくて 私には読めないわね

確かに日本人でも難しいかな

今晩の布団の中での楽しみが出来た

しばし江戸時代にひたるかな

posted by 花蓮 at 19:51 | TrackBack(0) | 国際結婚体験集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178355027

この記事へのトラックバック