2011年04月28日

美人妻がやってきた(2)

Cimg2624

18日に宮城県にやって来た<美人妻>から 電話が掛かってきました
ここは 震災の町で日本語学校がない わたし日本語習いたい」
わたしの妻と話してました
結婚した青年は20年間 同じ床屋さんに勤務した真面目青年です
しかし なにせ20年間 給料が18万で上がらないのです
もう40歳だよ あと10年しかないよ 東京に出て給料を上げなさい
東京のAさんは一昨年中国人の奥さんをもらいました
そのAさんが同情して「私の家に住んでいいよ 無料で」 
住居の提供を申し出たのです。


私の人生でAさんのような金の絡まない「情」の親切は初めてです


住むところはとりあえず確保したから 東京へ移りなさい
 宮城県はあんたの身寄りもない町なんだから

実は怖いんです 就職口があるかどうか 探してくれませんか
ばかやろう これから二人だけで生きていくんだぞ
 自分で切り開かなくてどうする 妻に見捨てられるぞ 女は鋭いんだから」
「俺はいつまでも 居ないんだ

と強く言ってやりました。 ほんとに人生一人で立たなければ困ります

とは言ったものの 東京の友人に頼んで「理容師」の就職口探しています
彼は20年 同じ職場で働いた<愚直>な信用できる男だったからです

読者の皆様にお願いがあります
被災地の40歳青年が関東地方で<床屋>の就職口を捜しています

もしお知り合いで<口>があるよという事であれば御紹介下さい。 

(わたしも頭を刈ってもらいまいした 腕は確かのようです)

posted by 花蓮 at 10:18 | TrackBack(0) | インポート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354978

この記事へのトラックバック