2011年04月18日

美人妻がやってきた

Cimg2624

     <今日の 新潟空港>

きょうの到着便で、一人の美人が新潟空港にやってきました
宮城県の港町で津波の被害を受けた男性です

それで1ヶ月遅れでやってきたのです
2万人もの中国人が原発をおそれて、新潟空港から臨時便
を何十便も出して、深夜まで特別便が飛んで
あわただしく帰っていきました。
今日の新潟空港はだれも中国人がいないでガランと
していました。
そのくらい<激しい>帰国ラッシュだったのです

そんな風評が飛び交う中国から、日本に来るには
勇気が必要だったでしょう
花嫁が出口から現れると男性の顔が輝きました
私も初めて会うので楽しみにしていましたが
想像以上の美人です そしてボインちゃんなのです

私が写真から<この女性>を青年に勧め 
彼も写真だけで<いいよ>と簡単に決めたのです

このあと行政書士さんが、お祝いに昼食を奢ると
言ってきたので彼の知人の中国人レストランへ。
花嫁は中国人夫婦から話しかけられてホッとしたようです
行政書士のお蔭で最短28日で 許可がおりたのです
美人妻・最短の許可 運命の女神が微笑んだ彼です

これからバスに乗って仙台まで行くと、中国語で説明してもらいました
バス停まで行く途中に<当事務所>によって、中国の母に電話
中国も安心してました。

当社の隣りの県立公園は桜が満開、それをチョッと見て
震災の地に帰って行きました。
もう こともないね」と寂しくなりました
いや りの時 新潟に来ますから・・」
アッ そうだね またえるね

妙に心に残った青年です  彼にとって港町は縁もゆかりも無い町

親戚もない 天蓋孤独な青年です 妻がこれから本当の伴侶
になるでしょう

今の年収が安いので<東京>か<新潟>に転職する
予定で探しています


幸せにな〜れ このまま別れたくない人です

Cimg2626

   <当社の隣りの桜の公園にて>

posted by 花蓮 at 16:08 | TrackBack(0) | 体験集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354975

この記事へのトラックバック