2009年10月28日

光り輝く街 ハルピン

Dsc05512 <ザ・ハ ル ピ ン>

Dsc03800_2 <わたしの満州クーニャ ン>

ハルピンそのもの 小説です。
作者はよっぽど北の都ハルピンに思い入れがあったんですね。
人は歳を取って消えていきます、いま東京大空襲を語る人はなく、
街は全くそんな事を忘れ去り 先を急ぐ。
ハルピンもまさに、450万の大都会に発展して昔を振り返る間もありません。
この小説は昭和20年八月十日、まだ終戦わずか前にソ連が満州国境を破りハルピン
に侵攻した日の日本人の混乱を描いています。
結婚男性に付き添いで何十回も行ったハルビンにこんな悲惨な歴史があったのを
しりました。
ハルビン二中(ハルビン第二中学校)の日本人少年が中共軍(八路軍)
に入ってしまうストーリーが街の景色と共に展開します。
今も昔を留めるのはスンガリー川(松花江)の鉄橋と、石畳のロシア街(キタイスカヤ街)
です。  街は過去を消し去り、先を急ぐ。 
<著者の あとがき を引用すると>
人はだれしも無性にいとおしく、抱きしめたくなるような思い出に駆られるものを持っている。
ハルピンの名を聞くときの、わたしの場合がまさにそうだ。
「ハ」・「ル」・「ピ」・「ン」の片仮名四文字に触れると、いつも心が微妙に疼いてしまうそれほど忘れえぬ街、
ハ ル ピ ン。 

私(中村)は今までハルビンと濁って書いてきたけれど、きょうからハルンと書きます。
の方が美しい。HARBINと英語で表記するのでそうなったのでしょう。
ハルピンそのものが私の妻となって、今は傍に眠り
満州が私に生きて、麦の広野に彷徨う。

posted by 花蓮 at 06:43 | TrackBack(0) | 日中感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354679

この記事へのトラックバック