2009年04月28日

阿部力と倭漢直

Cimg0367_2

俳優の「阿部力」と中国人女優の「史可」の結婚がマスコミをにぎわしています
「花より男子」の彼は毎日SKYPEで中国の彼女と話していると言ってました。
私みたい??
私と世代も違うので初めてこの俳優を知りました。
麻生流に言えば「時代に遅れてる」のでしょうか。
首相はこんな知識よりもっとやることがあり、「知ってることが 時代に遅れてる」のではないかな。                                              
 阿部力は黒龍江省生まれ9歳で中国から日本に帰化、中国名 李冬冬と書いてあります。

倭漢直ーわかんちょく・・首相ならこう読むかもしれません?<やまとのあやのあたえ>と読みます。
昨日くるまを運転していたら急に「この名」が浮かんだので、何度も口で繰り返して家へ帰り忘れないうちにネットで調べました。
昔むかし受験で覚えた名前で、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)将軍の祖先です。
将軍は奥州征伐で有名ですが、なんと中国人だったのです。
「倭漢直」は日本に帰化した漢王朝の子孫というような意味でしょう。
日本書紀古事記は完全な漢文ですが、彼らが書いたのでしょう。
それにしても日本の言葉の主語述語が中国語のように入れ替わらなかったものです。
クレオパトラのプトレマイオス朝は古代エジプト文法ですが、完全なギリシャ人です。

受験時代には気がつかなかった古代から現代に続く日中混血の歴史です。
不思議 不思議の日本史ですね。

三十年まえ帰化人の県(あがた)奈良石舞台「高市の里」を散歩していると妻に似た少女に遇いました。
今はタカイチと読むのですが、私はタケチと発音したい 
古代はそう言ったのでは?
ねぇ(皇女)みこさんタケチの皇女がいい

写真:現代の帰化人・・妻の和名倭漢織女 やまとのあやのおりめ 【ハルビンのマックで)                                      

posted by 花蓮 at 10:05 | TrackBack(0) | 日中感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354569

この記事へのトラックバック