2008年03月16日

文化の危機 漢字

Dsc04084 中国に何回もいくようになっていつかは書こうと思ってました。漢字の破壊です。中国の「簡体」という文字は草書にくずしていったのではないのです。文字の一部を除去したのです。例えば「親」は右のを削除、「業」は上段の横棒以下はないのです(首から下が無い)。工業と書いてあるらしい看板を眺めていてそれが業と知ったときはほんとにギョでした。そんな目で日本の漢字を見るとこれも破壊だったのです。敗戦後国語審議会とやらで文字を簡略化(破壊)したのを知らずに、受験で誤字を覚えさせられてきたと今ころ気づきました。浅薄な委員が文字を切り取ったのです。辺や医、声などは誤字です彼等2.3人の作字です、元の尊厳な正字があるのです。徳川幕府でも文字をいじりませんでした。香港で妻が看板を見て「あれ母の名前」といいます。見ると「豊」 でも日本と違うのです、豆のうえの部分が複雑です。ちなみに中国のは「横棒三本に縦棒一本」に簡略化。人智を馬鹿にしてませんか。香港は政治二体政でまだ繁体といわれる正字は温存されてます。台湾にも残ってます。簡略(破壊)しなくても彼の地の小学生高校生は勉強してます。繁字は覚えられるのです、日本もまだ間に合います。正字本来の意味を持った表意文字に戻しましょう。韓国の友人に聞きました「李さん何でもハングル化したら相手の名前を読めなくなるよ」 彼 「?」        写真:香港 正字が残ってる看板                   

posted by 花蓮 at 08:24 | TrackBack(0) | 日中感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354478

この記事へのトラックバック