2008年03月15日

陸路から香港 5

Dsc04086 夜はあまり疲れて場末の食堂へ、70歳くらいの老ウェイターが英国人の老夫婦の注文を流暢な英語で受けています。英国人は格好から住人で、いつも来てるらしく挨拶してます。大英帝国の残り火かな。私が下手な英語で注文すると「日本人か」と聞きます。翌日は二階建電車の便利さを知ったので、ビクトリアピークのケーブルの駅まで行きます。公園を抜けて歩いて着くとなんと故障で休み バスに変更。お決まりの観光コースですがとにかく頂上から景色は圧巻です。次は地下鉄で九龍へ、コインを2度入れるのも慣れたもの。「女人街」という中国でも知られているという露天市にいきました。以前来たときに赤青の下着が天高くぶら下がっていたのを思い出して期待していると今度もありました。妻を突っつくと「プイ」           写真: 女人街 :    

posted by 花蓮 at 13:19 | TrackBack(0) | チャイナの旅
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354476

この記事へのトラックバック