2008年02月16日

仁川と成田

Photo 南大門のことを書いたので韓国の話題をもうひとつ。仁川(インチョン)空港 韓国の24時間空港ですね。わたしの昔あたまでは「じんせん」と覚えています。朝鮮戦争の頃 中国人民開放軍の参入で米軍が釜山近くまで追いつめられた時、マッカーサーが仁川に逆上陸したため背後を突かれた共産軍は48度線まで後退したと習いました。仁川を空から見ると遠浅で潮の干満の激しい多島海です。仁川空港を観察すると本滑走路に匹敵する誘導路、まだ余地を残した土地、貨物専用ターミナル、新潟行きははずれの56番ゲート、凹面状の巨大なターミナルです。ゲートに余力がありそうなのにさらにもう一つかなたに作っています。海なので騒音問題なし夢の24時間空港です。ハルビンに行くのに仁川経由で行ったことがあります(アジアのハブ機能)。韓国の若い官僚のすばらしいビジョン、行動力の成功、成田は完全に失敗です。羽田を埋め立てて5本の滑走路を作ればまだ少しは間に合うかもしれません。日出づる羽田 フレーフレー東大。  

posted by 花蓮 at 09:37 | TrackBack(0) | 考えること
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354470

この記事へのトラックバック