2008年01月23日

唐都長安の春

Dsc03899 Dsc03897 時は唐の頃 都の西北ある大臣の部屋 「ことしも桃の花の季節になったな なんでも去年の末には東の海の島から遣唐使が来たそうじゃ。大和のくにの「福田とかいう左大臣」と「小沢とかいう右大臣」じゃそうな。わが大唐帝国 にわざわざすり寄ってくるとは手間要らずじゃ。千年前「魏」の国のころ「金印」をくれやったら、それを国治めに使っておったそうな。今度も「金印」ですか。福小どっちが勝っても良いよう「皇帝」はもてなしてやったそうな。皇帝がおほめになるときは注意ですな。 思慮が浅い者たちよ。 ときに区長 おぬしの息子の詩は陛下の「唐詩撰」に入ったそうな。して題はなんと言う   「都城南庄」と申します。  それをここで披露してくれまいか。   では                   :                                                       去年今日此門中   去年この門の中で                         :     人面桃花相映紅   桃の花が咲いていて美しい娘に会った            :     人面不知何赴在   あのこはいま どこにいるのだろう                          桃花依旧笑春風   桃の花だけが去年のままで ただ春の風が吹いている                                                                                                                                                                がこの絵を20年前広州で買って、事務所にずっと掛けておきました。中国人大学院生の馬さんがアルバイトにきて、「社長此れは有名な詩の末句です、この前の句知ってますか」と聞いてきました。私は何年も読み方が解らず眺めていました。盛唐のころの「崔康」という詩人の句で、長安の都の南区を散歩していた時出会った光景を詠んだ七言律詩だそうです。桃の花と美人、いつの時代も気持ちを動かすものですね。                                             :写真: 唐詩集 : 広州で買った絵「都城南庄」 (拡大OK                 :                 

posted by 花蓮 at 20:56 | TrackBack(0) | 日中感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354466

この記事へのトラックバック