2007年08月31日

想い出の街大連

Masuken8043955mimg450x6001188546353imgp5Dsc02948 中国をそんなに廻ったわけではありませんが、一番思い出にに残るのは大連旅順です。旅順は日露戦争の時に1万5千人の戦死者を出した激戦地です。実は何も知らず旅順203高地を訪れたのは1月5日でした。冷たい風が吹き高地には誰も居ませんでした。203高地はとてもなだらかな山で、下の駐車場でタクシーを降りると駕籠が待ってました。しかし断わって歩いて登ったら5分くらいで、頂上は寒くあまり感激もしないで下山してきました。駐車場で今どき珍しい人民服を着たおじいさんが手招きをします。客引きだなと思ったけど、誰も居ないのでそのみやげ物屋に誘い込まれました。そのおじいさんは「あなたは今日は何の日か知ってますか?」と流暢な日本語で質問してきました。「え!わかりませんが」と答えると「今日五日は乃木将軍とステッセル将軍が水師営で降服のを会見した日です」と言いました。そのとき私はとても恥ずかしかったのです、「ああ日本人の私が知らなくて」と動揺を見透かされないように写真帳なんか買ったりしたけど、逃げ出したい気持ちでした。ショックを回復する為に帰国して旅順関係の本を手当たりしだ買いました。だいぶ知識が付いたよおじいさん待っててね 又行くから!写真:土産屋のおじいさんと、ロシア砲台:買い集めた旅順の本,ヤフーオークションより乃木将軍:

水師営の歌「旅順開城約なりて 〜乃木大将と会見の処はいずこ水師営」

posted by 花蓮 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178354433

この記事へのトラックバック