2019年08月28日

 そして だれもいなくなった

昨日デイサービスに行った
電気カミソリで髭を剃る
すると一分もしないうちに止まった、電池が無くなったのだ
担当のE子に言った「充電してくれる」「だめ 家で充電してきなさいよ」
「一円もかからないのに させてくれよ」
「だめ 」さっさとかずけてしまった
顔にはマダラの髭がのこったまま
でもホントは愛情が欲しかったのだ
その全国規模のケアハウスの内規では私的な充電が禁止されているらしいことは知っていた
でも彼女には隠れてサービスをしていた
{ええ いいわ}と密かに充電してくれると思っていた
そのケアハウスがくれたカレンダーに入所者の俳句が
印刷されている
”さざなみのように さびしさ押し寄せる” (志木・〇〇子さん)
埼玉県のホームでは みぶるいするようなさびしさを感じている
老婆がいるのだ。
また昨日 ケアマネから電話
「月曜病院に診察行くとき福祉タクシーの運転手に
帰りも利用するから荷物預かってくれる?と聞いた
人の良さそうな運転手は ああいいですよ と言った
やさしそうなのでここ数回利用している
ところがケアマネが電話で言った
荷物預かり料五百円追加だそうです」
笑顔の下で貪欲の炎がチョロチョロ燃えていたのだ
さみしい
病院のむつきちゃんから久々の電話
「水曜日 足の調子見に行くね」
トリモチのような甘くねばっこい声で言う
女は甘い方がいい
でも むつきは仕事で言ってるんだ
近づいたらまたやけどする もう老人は
二度と本当の甘い声きたいしてはいけないのだ
 〜寄する波よ 〜

image/_user_image_40_08_872a38db2d6c8a1757285249a4a2b6b7.jpg
posted by 花蓮 at 08:39| Comment(0) | 日記

2019年08月17日

 お盆も済んで

例年の行事も済んで夏休みも終わろうとしている。
新しい介護認定の連絡がきた。
同じ基準でホッとした。市役所も今までの保険料のバラマキ
の付けで予算が足りないらしく、厳しい査定に転換した。
ヘルパーが週一回に減らされて困っていたが、いろいろ手を
打って回復した
posted by 花蓮 at 16:38| Comment(0) | 日記

2019年08月06日

 女優並みの美人

アンルイスと言っても最近の方はご存じないだろう。
アンルイスで検索すれば顔写真くらい出て来るだろう。
私は昔から面食いだったから座敷で一瞬で決めた。
とにかく美人だったのは間違いない。
でも性格は分らない
朝鮮人らしく短気で荒々しかった。
それらは全て我慢して鷲ヶ峰の夜を楽しんだ
諏訪の街の灯りがチカチカと見えた、ところが彼女は
感覚が日本人と違った、プリンスホテルの夜景みたい
のが好みだったらしい
突然に不機嫌になった。
ビーナスラインなんて人もいない田舎と思ったらしい。
彼女を日本人感覚にするのは諦めた
時間が無かったしわたしも傷だらけになる覚悟が
必要と分った
自宅で母に会わせるのは止めた。
帰りは彼女も心の変化を感じ取ったの一言も口を
聞かなかった。
母は木浦(モッポ)高等女学校を出て
<モッポとはセウォル号が沈んだ海岸の都市である
全羅南道と言う釜山から西へ50Kくらい行ったところ
母の最晩年は痴呆が発生しモッポへ帰りたいとしきりに
言っていた。
朝鮮人嫌いの母とルイスは合わなかったろう。
その十年後満洲人と結婚するのである。
性格は中国人特有の強いところもあるが、
日本人にもよく見かけるタイプである
《続)
posted by 花蓮 at 08:00| Comment(0) | 日記