2015年08月12日

県外ナンバーにお盆を知る

私の家の近くに博物館があるが

その前を通ると 函館、香川など

随分遠くのナンバーを見掛ける

今日は12日

夏休みで帰ってきたのか

それとも旅行者か

昨日は花火

スーパーの駐車場から2、3発見た

これでいい

子供が小さい時 花火を見に行って

夕立に遭った

濡れないように頭を手で覆って

走った 

胸に入る程小さかった

その息子も四十になったらしい

元気だった先妻も鬼籍に行った

明日の墓参りは行かない予定

花火2発で 今年も暮れた

posted by 花蓮 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月11日

空白の日本史 (6)

 

  八田与一 農林省 水利技術者

 興味ある方は検索して

 

いよいよ最終回だ

今日は11日

敗戦の日も近い

おまけに15日は土曜日

年金は繰り上げで14日に出る

世の中には年金を首を長くして

待っている人が多い

かくいう 私もそうだが・・

さて台湾の事だ

なぜ台湾か

満洲の日本史の行き着く先が

台湾になるからだ

台湾で逢った 鶴のような美女

(つくりがコザトヘン・日本の漢字にない)ちゃん

刑静宣>ちゃんの父は1947年

北京から故宮の財宝と共に台湾に

渡った国民党の兵士だ。

今日書きたいのは

1945年8月15日から1947年の

2年間の空白の日本史だ

突然 天皇の玉音放送と共に

台湾の帝国陸軍は無くなった

沖縄の次に

米軍上陸・合戦準備をしていた

第九師団は15日 支柱を失った

ところが台湾人は朝鮮人と違った

日本人として行動したのである

台湾併合から60年

元もと 清朝政府から捨てられていた

文明・インフラゼロの島

台湾人は日本人が道路・水道・電気・小学校

などのインフラ・学制の整備を

明治日本と全く同じに行い  恩恵に浴した

尋常小学校・優秀な生徒は旧制中学へ進学

内地の高等学校・帝国大学に進学する権利は

何等国内と変わる事は無かった

ちなみに 台湾国民党 李登輝総統は

京都帝国大学卒業

教育は内地と同等の証左である

台湾中部に「八田与一」廟というのがあるが

今も参詣者が絶えない

この八田さんは戦前の農林省の技師で

台湾中部の灌漑ダムを作った人である

農業はやった事がないので

水の重要性は分からないが

台湾農民に今でも感謝されている

何十万坪の農地に水を引いた

ダムが作れると言うのは 

国あるいは県の予算が付いたいう事

朝鮮人の言うように 搾取したのでは無い

八田さんは終戦時 自分の作ったダム湖に

身を投げて亡くなった

それを惜しんで農民は八田廟を作ったのだ

農民に愛される人は本物だ

 

台湾人は日本人と同等 <日本人>だったのだ

15日 自分の国が負けたと思った

この事を戦後の日本人は全く忘れた

私がこの事実を知ったのも

戦後60年も経ってからである

忘れ去られた日本人

ごめんなさい。

空白の日本史

黒龍江省 方正県の日本人

台湾 日本人

 

清朝の役人など 腐敗の極みで

台湾で見た事も無かった

そこに 台湾の地方公務員は

清廉潔白で 内地と同じ仕事をした

台湾人は心から日本人と思っていた

8月15日

日本人も動揺した

台湾中国系日本人は

とりあえず 自治政府を作った

警察・市役所・県庁・小学校

昨日までと同じ

何でも揃っていた

例えば鹿児島県と同じ

自治機構が揃っていたのである

おまけに第九師団の豊富な武器が

そっくり残っていた

終戦から2年間は自治政府が続いた

そこに1947年

国民党が大陸から逃げ込んで来た

台湾の秘められた歴史

国民党の本省人(台湾人)虐殺が始まった

台湾日本人は息の根を止められた

国民党軍人とその家族は何十万

それを外省人と言う

台湾日本人自治政府は潰された

虐殺は 台湾政府の恥部であるから

あまり書いてない

東日本大震災で台湾の義捐金が突出して

いたのは、 

彼等が<日本人>だったからである

これは現在日本の偏向教育で

全く教えない歴史だ

知らなかったでしょう

サンドイッチに「1945年の薄いハムとマーガリン」が

はさまっていた

これが大陸中国との味を 決定的に違うものしている

こんな事を気にしているのは極少数

空白の日本史だ

もうじき8月15日が来る

  空白の日本史終わり

  再 見 ツァイ チェン

 

posted by 花蓮 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月10日

空白の日本史(5)


 

  故宮博物院 台北 白菜 翡翠

昭和22年 終戦から2年経つ

北京は慌ただしかった

国民党と共産軍の戦いは急速に

共産軍に傾いていた

ソ連に支援された ハチロ共産軍は

南支(香港・広州)中支 (上海、武漢、)北支(満洲)

ほぼ中国全土で国民党軍を圧倒していた

あと1週間で北京に共産軍がやって来る

こんな緊迫した状況の紫禁城、天安門

百台にもおよぶトラックが城門を出発

して、北京南駅へ向かった

天津港から台湾へ行く船が出る

そのトラックの荷物は

歴代清朝の皇帝が集めた財宝だった

その量は貨車7両にもなった

夜陰に紛れて、貨車は動き出した

この時 国民党が運び出した宝は

皇帝の宝蔵のほぼ全部である

だから目ぼしい宝 例えば

我々が目にする台北の<翡翠の白菜>などは

この時 運び出したものである

1947年 共産中国成立

南京の戦い 中国が宣伝する抗日戦争の

九割は1945年以前の敗戦前の国民党との

戦いである。

ここが分らない日本人が多い

謝れ 謝れと 中国共産党は言うが

共産政府は当時無く 成立は昭和22年だ

これをだれも言わない

戦いの主体は蒋介石国民党であった

だから敗戦講和条約は国民党と結んだ

蒋介石は戦時賠償を放棄してくれたのだ

すなわち現在の台湾政府だ

終戦時のどさくさ

中共は今や南シナ海を埋め立て

既成事実を言う

1945年(終戦)の交渉相手は中華民国だった

これぞ空白の日本史!!

全世界を惑わす「歴史トリック」だったのだ

国連常任理事国のすり替え

そのれっきとした証拠が「台湾故宮博物院」にある

清朝の御璽は台湾にある

中国の正統な継承者は中華民国

現在の台湾総統 馬英九より

私の方が当たり前の事を言っているでしょ

(明日に続く)

1945年8月15日

台湾には沖縄戦に投入されるはずだった

精強 帝国陸軍 第9師団が居た

9師団は無傷・戦時装備だった・・・・・

 (明日最終回の予定)

 

 

posted by 花蓮 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記